ただいま営業時間外
メディトリートクリーム
  • メディトリートクリーム
セルフメディケーション税制対象

メディトリートクリーム 10g

  • ✕ 在庫なし
  • カートに入れる

こんなことで悩んでいませんか?

注意点

  • 濫用の恐れあり
  • ステロイド配合
  • ピリン系
  • 抗生物質配合
特徴

◆メディトリートクリームは,ミコナゾール硝酸塩を主成分とした外陰用の治療薬です。
◆ミコナゾール硝酸塩は,腟カンジダの原因であるカンジダ菌を殺菌し,腟カンジダによる諸症状を改善します。
◆メディトリートクリームは,腟カンジダの再発による,発疹を伴う外陰部のかゆみに効果を発揮します。

効能・効果

腟カンジダの再発による,発疹を伴う外陰部のかゆみ(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)
ただし,腟症状(おりもの,熱感等)を伴う場合は,必ず腟剤(腟に挿入する薬)を併用してください。

〔注意〕
本剤はカンジダによる外陰部の症状を改善しますが,腟内の治療を行うものではありません。
〔解説〕
外陰部の症状は,腟の中にいるカンジダ菌が外陰部に影響を及ぼすことによって起こる疾病で,かゆみの他,発疹,熱感を生じます。外陰部皮膚に発赤やただれ等の発疹を伴うかゆみがあらわれた場合にお使いください。

用法・用量

成人(15歳以上60歳未満),1日2〜3回,適量を患部に塗布してください。
ただし,3日間使用しても症状の改善がみられないか,6日間使用しても症状が消失しない場合は,医師の診療を受けてください。

項目 内容
(1)外陰部症状のみの場合本剤を使用してください。腟剤(腟に挿入する薬)との併用が望まれます。
(2)腟症状(おりもの,熱感等)を伴う場合本剤に腟剤(腟に挿入する薬)を併用してください。

用法関連注意

(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)腟周辺(外陰)にのみ使用してください。
(4)使用前後によく手を洗ってください。
(5)生理中の使用は避け,使用中に生理になった場合は本剤の使用を中止してください。その場合は治癒等の確認が必要であることから医師の診療を受けてください。(生理中は薬剤が流され,効果が十分得られない場合があります)
*ご使用の前に入浴するか,ぬるま湯で患部を清潔にし,使用してください。

保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります)
(4)コンドームやペッサリー等の避妊用ラテックス製品との接触を避けてください。(これらの製品が劣化・破損することがあります)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

成分・分量

1g中

ミコナゾール硝酸塩

10mg

添加物

ポリオキシエチレンセチルエーテル,自己乳化型モノステアリン酸グリセリン,パラベン,ミリスチン酸イソプロピル,流動パラフィン,セタノール

注意事項

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください

(1)初めて発症したと思われる人。(初めて症状があらわれた場合は,他の疾病が原因の場合がありますので,医師の診断を受ける必要があります)

(2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)

(3)15歳未満又は60歳以上の人。(15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く,また60歳以上の人は他の疾患の可能性や他の菌による複合感染の可能性があるため)

(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し,医師の診断を受ける必要があります)

(5)発熱,悪寒,下腹部痛,背中や肩の痛み,色のついた又は血に染まったおりもの,魚臭いおりもの,生理の停止,腟からの不規則又は異常な出血,腟又は外陰部における潰瘍,浮腫又はただれがある人。(別の疾病の可能性がありますので,医師の診断を受ける必要があります)

(6)次の診断を受けた人。

糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので,医師の診断を受ける必要があります)

(7)ワルファリン等の抗凝血剤を服用している人。(ワルファリンの作用である出血傾向が強くなる場合があります)

(8)本疾病を頻繁に繰り返している人。(1〜2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上)

(9)腟カンジダの再発かわからない人。(自己判断できない場合は,医師の診断を受ける必要があります)

2.次の部位には使用しないでください

(1)腟周辺(外陰)以外の部位。(本剤は外陰部以外に使用する製品ではありません)

■相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください

(1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり,本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)

(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は,本剤でも起こる可能性があります)

(3)授乳中の人。(薬の使用には慎重を期す必要があります)

2.使用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

関係部位症状
腟周辺の皮膚(外陰)かゆみ,発疹・発赤,かぶれ,熱感,びらん,刺激感,小水疱,はれ,乾燥・亀裂,落屑

(本剤によるアレルギー症状であるか,本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ,このような場合,同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化する可能性があります)

3.3日間使用しても症状の改善がみられない場合又は6日間使用しても症状が消失しない場合は,医師の診療を受けてください。特に,クリーム単独使用の場合は,自己判断で治療をすることなく医師の診療を受けてください。(症状が重いか他の疾病による可能性があります)

消費者相談窓口

会社名:大正製薬株式会社
問い合わせ先:お客様119番室
電話:03-3985-1800
受付時間:8:30〜21:00(土,日,祝日を除く)
その他:http://www.taisho.co.jp/

製造販売会社

大正製薬(株) 添付文書情報: J0901000016_05_A.pdf
会社名:大正製薬株式会社
住所:東京都豊島区高田3丁目24番1号

メディトリートクリームのみんなの質問

効果について

Q.腟カンジダの再発でかゆみがひどいです。メディトリートクリーム はかゆみの症状に効果がありますか? (32歳女)
A.メディトリートクリーム は膣カンジダの再発による、発疹を伴う外陰部のかゆみに効果があります。有効成分であるミコナゾール硝酸塩は、腟カンジダの原因であるカンジダ菌を殺菌し、腟カンジダによる諸症状を改善しますので、かゆみにたいしての効果を感じていただけると思います。

用法について

Q.メディトリートクリーム はどのように使えば良いのでしょうか?患部に直接塗るのでしょうか? (26歳女)
A.1日2から3回、メディトリートクリームを適量を患部に直接塗布してください。効果を十分感じていただくために、ご使用の前に入浴するか、ぬるま湯で患部を清潔にし、使用されることをおすすめします。

副作用について

Q.以前膣カンジダによる、外陰部のかゆみに使用した別の薬で、かぶれやはれなどの副作用の経験があります。メディトリートクリームにはどんな副作用がありますか? (29歳女)
A.メディトリートクリームの副作用としてあげられている症状は、かゆみ、発疹・発赤、かぶれ、熱感、びらん、刺激感、小水疱、はれ、乾燥・亀裂、落屑などがあります。また3日間使用しても症状の改善がみられない場合や6日間使用しても症状が改善されない場合は、医師の診療を受けてください。使用の前に入浴するか、ぬるま湯で患部を清潔にし、使用してください。体質や体調、症状により副作用を感じる場合がありますので、定められた用法・用量をお守り下さい。

必ずお読みください! 医薬品をご購入の方へ

商品名:メディトリートクリーム【第1類医薬品】

これは医薬品です。ご購入の前に、ご自身で必ず注意書き等をお読みになり、内容について了承したうえで、ご注文ください。 この商品は通販できるみんなのお薬が販売しています。 ご不明点、ご質問は、 通販できるみんなのお薬までご連絡ください。

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください

(1)初めて発症したと思われる人。(初めて症状があらわれた場合は,他の疾病が原因の場合がありますので,医師の診断を受ける必要があります)

(2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)

(3)15歳未満又は60歳以上の人。(15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く,また60歳以上の人は他の疾患の可能性や他の菌による複合感染の可能性があるため)

(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し,医師の診断を受ける必要があります)

(5)発熱,悪寒,下腹部痛,背中や肩の痛み,色のついた又は血に染まったおりもの,魚臭いおりもの,生理の停止,腟からの不規則又は異常な出血,腟又は外陰部における潰瘍,浮腫又はただれがある人。(別の疾病の可能性がありますので,医師の診断を受ける必要があります)

(6)次の診断を受けた人。

糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので,医師の診断を受ける必要があります)

(7)ワルファリン等の抗凝血剤を服用している人。(ワルファリンの作用である出血傾向が強くなる場合があります)

(8)本疾病を頻繁に繰り返している人。(1〜2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上)

(9)腟カンジダの再発かわからない人。(自己判断できない場合は,医師の診断を受ける必要があります)

2.次の部位には使用しないでください

(1)腟周辺(外陰)以外の部位。(本剤は外陰部以外に使用する製品ではありません)

■相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください

(1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり,本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)

(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は,本剤でも起こる可能性があります)

(3)授乳中の人。(薬の使用には慎重を期す必要があります)

2.使用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

関係部位症状
腟周辺の皮膚(外陰)かゆみ,発疹・発赤,かぶれ,熱感,びらん,刺激感,小水疱,はれ,乾燥・亀裂,落屑

(本剤によるアレルギー症状であるか,本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ,このような場合,同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化する可能性があります)

3.3日間使用しても症状の改善がみられない場合又は6日間使用しても症状が消失しない場合は,医師の診療を受けてください。特に,クリーム単独使用の場合は,自己判断で治療をすることなく医師の診療を受けてください。(症状が重いか他の疾病による可能性があります)

◆当医薬品を購入する上で薬剤師、登録販売者に相談したいことがありましたらお問い合わせ内容を記載してください。

※相談内容がある場合は購入手続きまで出来ますが、相互に質問が無いことを確認後に販売、発送になります。ご了承ください。

特に無し ある

相談内容

このページの注意事項を読み、内容を理解したうえで購入します。
◆「してはいけないこと」に該当する項目はありません。
◆「相談すること」に該当する項目はありません。
◆ 用法・用量を守って使用します。
◆ 「使用者」が使用します。「使用者」以外の人に譲ったり、使わせたりしません。
◆ 購入した医薬品を販売いたしません。
注)上記に該当する場合には、相談内容を入力してください。

送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

ただいま営業時間外

実店舗の営業時間

  • 月~金

    10:00~18:00

  • 土曜日

    15:00~18:00

  • 日曜日・祝日

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    10:00~18:00

  • 土曜日

    15:00~18:00

  • 日曜日・祝日

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

送料無料
安全保障 新商品 使用期限
TOP