便秘

便秘のお薬のおススメ!

便秘
おススメ!
大腸をダイレクトに刺激する。
胃で溶けずに腸で溶ける糖衣錠。
便秘
おススメ!
初めて使う人には、無理に出さない便秘薬。
授乳中の人、5才の子供からも使える。

便秘の医薬品一覧

全83件中 1件~10件
1.
腸内にはいわゆる善玉菌と悪玉菌と呼ばれる細菌が多く常在しており、私達の健康と深く関わっていることが知られています。この善玉菌と悪玉菌のバランスは年齢とともに少しずつ変化してきますが、高タンパク質、高脂肪、低食物繊維の食生活を続けていると、腸内環境の悪化に拍車がかかり、大腸の機能を低下させてしまう原因になることがあります。
近頃便が決まった時間に出ない、便秘になったり軟便になったりする、おなかのハリを感じるなど、おなかの症状が気になり始めたらザ・ガードコーワ整腸錠PCをおのみください。
本剤は、腸で働く納豆菌と乳酸菌の2つの生菌が生きたまま大腸に届くよう製剤設計されており、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑えることで腸を正常な状態に近づけていくお薬です。
また、本剤には、胃の働きを高めて腸の負担を和らげる3種類の健胃生薬に加え、ビフィズス菌の生育を促すビタミンや、おなかのハリを抑えるジメチルポリシロキサンが同時に配合されています。1日3回毎食後に水又はぬるま湯とともに服用してください。
腸の働きがよくなって、おなかの調子が整ってまいります。
2.
  •  
  • 315錠
  • 21日分
  • ¥6,229~
・このお薬は、体に脂肪がつきすぎた、いわゆる脂肪太りで、特におなかに脂肪がたまりやすい方、便秘がちな方に適しています
・5000mgの有効成分(防風通聖散料エキス)が、おなかの脂肪の分解・燃焼を促します
・生活習慣などによる肥満症や、高血圧や肥満に伴うむくみ・便秘の改善に効果があります

3.
  •  
  • 48包
  • 48回分
  • ¥770~
本草センナ(分包)は,大腸に直接作用して,低下している腸のぜん動運動を高めます。
4.
  •  
  • 27錠
  • 9日分
  • ¥1,478~
パソコンやスマートフォン,タブレット端末の継続的な使用などからくる眼の奥の疲れ(眼精疲労)や肩こりは,血行不良や筋肉の緊張などが原因で生じる症状です。
キューピーコーワiプラスは,これらの症状を緩和するビタミンB1を身体へ取りこまれやすくした活性型ビタミンB1(ベンフォチアミン)を主成分として,末梢血管を拡張して血流量を増加させるヘプロニカート,オキソアミヂン末(ニンニク抽出成分),L-アスパラギン酸マグネシウム・カリウム,さらにはガンマ-オリザノール,シアノコバラミン,トコフェロールコハク酸エステルカルシウムといった7種類の成分を同時配合しています。
本剤をおのみになりますと,有効成分が血流に乗って補給され,エネルギー代謝を改善し,眼の奥の疲れや肩こりをラクにしてくれます。
5.
  •  
  • 180錠
  • 30日分
  • ¥1,099~
漢方便秘薬にセンナを加えた、高単位な便秘薬。
6.
  •  
  • 48包
  •  
  • ¥0~
本品は生薬の煎じ薬,ティーバッグタイプ
7.
  •  
  • 63錠
  •  
  • ¥2,710~
◆コーラックハーブは,2つの生薬から抽出された有効成分(センノシド,甘草エキス末)が,自然に近いお通じをもたらす便秘薬です。
◆おやすみ前に服用すれば,翌朝(個人差はありますが,目安として9〜12時間後)には効果があらわれます。
8.
●スルーラックデトファイバーは,プランタゴ・オバタ種皮末(植物繊維)とジュウヤク末(どくだみ)など4つの植物由来成分のチカラで,腸内に溜まった老廃物(滞留便)を,スムーズに排出する便秘薬です。
●植物繊維が,腸内で水分を含むことにより,かさを増し,便を適度なやわらかさにします。
●ジュウヤク末(どくだみ)やアロエエキス,センノサイドカルシウムが大腸の働きを高め,腸内の老廃物(滞留便)をスムーズに押し出します。
9.
  •  
  • 200錠
  •  
  • ¥888~
●植物性便秘薬
●センナは,西洋の生薬で古くから便秘薬として使用されています。
●ヨーロッパ ハーブの便秘薬
10.
今すぐに出したいお子様の便秘に。

便秘の症状分類

便秘

[便秘]
 便通は必ず1日1回なければならないことはありません。不快感がなければ、毎日2~3回でも、2~3に1回でもかまいません。便の硬さも人によってまちまちです。しかし、何日間も排便がなくて、お腹が張ったり、便が硬すぎて肛門が切れたり、便意があるのにうまく排便できなかったりすれば便秘症です。
 食べ物の栄養分は小腸で消化吸収され、水分を含んだ状態で大腸へ送られます。大腸で水分が吸収されてちょうどいい硬さの便になります。食事をして、胃に食べ物が入ると大腸が活発に動いて便が直腸に移動します。この刺激で排便を促す便意が生じます。もしも、排便されずに大腸の中に便が残っていると、便の水分がさらに吸収され、硬く小さくなります。便秘に伴い、痔、肌あれ、のぼせなどの症状が現れることがあります。
 日本人に多いといわれている弛緩(しかん)性便秘は、便を送り出す大腸の蠕動運動が弱くなっています。食事でとる繊維質が不足していたり、ダイエットなどで食事の量自体が少ない、水分不足、運動不足、腹筋力の低下などが原因です。腸の蠕動運動を促す下剤を使用します。
 心理的ストレスや環境の変化が原因で、大腸が緊張してしまうために、便がうまく運ばれなくなり、ウサギのフンのようにコロコロとした便になったり、下腹部が痛くなったりする便秘を、痙攣(けいれん)性便秘といいます。下痢と便秘を繰り返すようになることもあります。ストレスの解消により大腸の緊張を和らげるといいでしょう。
 トイレに行きたいときに行けなかったり、恥ずかしくて我慢を繰り返していると、だんだんと便意を感じにくくなってしまいます。自覚がないまま、腸内に便がたまり、硬くなってしまいます。直腸性(あるいは習慣性)便秘といいます。朝食後が最も便意を感じやすい時間帯なので、タイミングを合わす工夫をするといいでしょう。肛門近くに便が詰まっていますので、下剤に加え、浣腸も有効です。
 腸閉塞(ちょうへいそく)、大腸がん、甲状腺機能低下症、糖尿病など疾患による便秘や、疾患の治療のために服用している医薬品が原因で便秘になることもあります。専門の医療機関などで相談するといいでしょう。
 薬によらず、食生活を見直して便秘を解消することもできます。朝食をとる、規則的な食事習慣、食物繊維や水分をとる、バランスの取れた食事内容(偏食しない)、ヨーグルトなど腸内環境を整える食物を取り入れることでも便秘を予防できます。

科目で探す

医薬品の分類