痛み止め

痛み止めのお薬のおススメ!

痛み・発熱
おススメ!
眠くなっては困る人に。胃にやさしい成分配合の錠剤。
有効成分はアスピリン。15才以上の人に。
痛み・発熱
おススメ!
イブ解熱鎮痛シリーズでイブプロフェンを最大量配合。
のみやすい小粒の錠剤。15才以上の人に。

痛み止めの医薬品一覧

全46件中 1件~10件
1.
女性にとって,生理特有のつらい痛みは,ゆううつな悩みのひとつです。生理痛は,月経により痛みの原因物質がつくられ,下腹部(子宮・腸管)を過剰に緊張させることで起こります。エルペインコーワは,生理痛の原因物質の生成と,下腹部の緊張に直接働くことで,速く,よく効く生理痛専用薬です。
◆1回1錠でよく効く
◆眠くなる成分無配合
◆小粒でのみやすいフィルムコーティング錠
2.
●痛みをすばやくおさえる鎮痛成分(ロキソプロフェンナトリウム水和物)を配合しています。
●胃を守る成分(酸化マグネシウム)をプラス配合しています。
●1回1錠でよく効きます。
●眠くなる成分(鎮静催眠成分)を含みません。
●のみやすい小型錠です。
おススメ!

病院でも処方してくれるロキソプロフェンの代表薬です。
同シリーズのロキソニンSにさらに胃にやさしい成分を配合してます!

3.
●痛みに速く効く特徴をもつ解熱鎮痛成分を含有しています。
 解熱鎮痛成分[ロキソプロフェンナトリウム水和物]が,痛みや熱の原因物質(プロスタグランジン)をすばやくおさえ,すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。
●胃への負担が少ないプロドラッグ製剤※です。
 からだにやさしいプロドラッグ製剤で,胃への負担を軽減しています。
 ※プロドラッグ製剤とは,成分が体内で吸収されてから活性型に変化し,効果を発揮する仕組みの製剤です。
●眠くなる成分(鎮静催眠成分)を含みません。
●1回1錠でよく効きます。
●のみやすい小型錠です。
4.
イブプロフェン配合製剤 痛み・熱
●イブA錠は、痛み・熱にすばやくすぐれた効き目をあらわすイブプロフェンに、その鎮痛・解熱効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した製剤です。
≪特 長≫
●痛みのもとにしっかり作用して、つらい痛みをよく抑えます。
●のみやすい小粒のフィルムコーティング錠です。
5.
 痛みや熱は,プロスタグランジンという物質が体内で作られることにより起こります。
 ロキソプロフェン錠「クニヒロ」は,プロスタグランジンの生成を抑え,痛みや熱に効果をあらわすロキソプロフェンナトリウム水和物を成分とした錠剤です。
6.
■バファリンには有効成分の異なる製品があります。本品の解熱鎮痛成分はイブプロフェン,アセトアミノフェンです。医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談する場合は,イブプロフェン,アセトアミノフェンとお伝えください。

■BUFFERIN プレミアム処方
頭痛によく効く4つの成分 ※1
クイックアタック錠 ※2
胃を守る成分
飲みやすい小粒の錠剤
 ※1 効能・効果は,頭痛・熱など。※2 イブプロフェンを速く溶かします。
7.
イブプロフェン配合製剤 生理痛・頭痛に
●イブA錠EXは、すぐれた鎮痛効果を実現させるために、鎮痛成分イブプロフェンを1回量200mg配合。さらにその鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した製剤です。
おススメ!

イブ解熱鎮痛シリーズでイブプロフェンを最大量配合。
のみやすい小粒の錠剤。15才以上の人に。

8.
●すぐれた効きめの解熱鎮痛成分・ロキソプロフェンナトリウム水和物と抗炎症成分・トラネキサム酸を配合し,かぜなどの発熱や痛みに速くよく効きます。
●眠くなる成分や習慣性のある成分(鎮静催眠成分)は含まれていません。
●ノンカフェインで,就寝前の服用にも適しています。
9.
セデス・ハイは,鎮痛作用の強いイソプロピルアンチピリンをはじめ4種類の成分を配合することにより,強い痛みにもすぐれた鎮痛効果をあらわします。小型の服用しやすい錠剤で速く効きしかも効果が持続します。
おススメ!

小型の錠剤が速く効いて、効果が持続する。
強い痛みにすぐれた効果。15才以上の人に。

10.
  •  
  • 24錠
  •  
  • ¥543~
 痛みや熱は,プロスタグランジンという物質が体内で作られることにより起こります。
 アダムA錠は,プロスタグランジンの生成を抑え,痛みや熱に効果をあらわすイブプロフェンに,その働きを助けるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した小粒のフィルムコーティング錠です。

痛み止めの症状分類

痛み・発熱

 発熱(体温の上昇)は感染症や外傷から体を守るための体の防御機能の一つです。軽度の熱で、苦痛を伴わないときには、解熱剤を使用しない方がよいとされています。発熱すると、体の防御機能は高まりますが、一方で痛みや倦怠感などの不快な症状をもたらします。発熱を起こす原因は様々ですが、感染症(細菌やウイルスなど)による発熱が多く見られます。
 病気やケガの症状は、熱、痛み、腫れなどがあります。これらの症状を炎症といいます。ケガをすると、その部分の組織が壊れ、血管が破けて出血します。体の中に細菌や有害物質が侵入してきます。体にはケガを治すための防御機能やその組織を修復するための機能が備わっています。防御機能が働いているとき、炎症反応が起こっています。防御のためにマクロファージと呼ばれる白血球や肥満細胞が働きだし、ヒスタミンという物質を体内に放出します。体内でのヒスタミンが作用がすると、好中球も働きだします。すると、ケガの周り赤くなり(発赤)、腫れが起こり(腫脹)、熱感を伴います。腫脹やヒスタミンが痛覚神経を刺激するため痛みが生じます。炎症反応が起こっている部位からプロスタグランジン(PG)という物質が放出され、体温調節中枢に作用して体温を上昇させ発熱します。このようにケガを治すために体が反応する炎症反応は、熱や痛みの症状を伴います。炎症反応は、部位によって咳、痰、鼻水、くしゃみ、下痢、嘔吐、腹痛、排尿痛などの症状として現れます。
 一般用医薬品(OTC薬)は、PGの産生を抑えることで作用を発揮します。したがって、PGが関与する症状に効果を示します。発熱のほか、痛みでは頭痛、生理痛、歯痛、抜歯後痛、耳痛、咽頭痛、腰痛、肩こり、筋肉痛、外傷痛、捻挫痛、関節痛などの症状を緩和します。

科目で探す

医薬品の分類