男性の体の悩み

男性の体の悩みのお薬のおススメ!

オットピンの男性ホルモンの含有率は日本で1番です。
正しい使い方で1週間程度継続使用すればいち早く効果が期待できます。

男性の体の悩みの医薬品一覧

全8件中 1件~8件
1.
本剤には,内服用男性ホルモン剤のメチルテストステロンを配合してあります。他に,強壮生薬のニンジン,イカリソウ並びに,代謝に働くビタミンB1・B2及びグルクロノラクトン,カフェインを配合しておりますので次の効能にすぐれた効果をあらわします。
おススメ!

不足した男性ホルモンを補充する内服液。
強壮生薬とビタミン薬も配合されています。

2.
 男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており,先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足していきます。
 プリズマホルモン錠は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と,男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に,滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており,中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退,陰萎等の症状を改善する医薬品です。
3.
「トノス」は有効成分として局所麻ひ剤(アミノ安息香酸エチル,プロカイン塩酸塩,ジブカイン塩酸塩)と男性ホルモンであるテストステロンを配合した医薬品です。
亀頭冠によくすり込むことで,局所麻ひ剤の作用により射精の遅延化に効果が期待できます。男性ホルモンはひと口で言えば「男らしさ」を促す物質で,皮ふ柔軟部(陰のう部)にすり込むことで体内に吸収されますので,加齢によるホルモンの分泌不足による精力減退,勃起力減退,遺精,男子更年期障害の症状の改善が期待できます。
おススメ!

ストレスや加齢で減退した男性特有の悩みを軽減。
薬負けなどのアレルギーにも配慮した軟膏剤。

4.
 男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており,先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足していきます。
 プリズマホルモン精は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と,男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に,滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており,中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退,陰萎等の症状を改善する医薬品です。
5.
本品は男性ホルモンの分泌不足によっておきる勃起力減退,精力減退や男性更年期障害の各症状に対して,その治療を目的としてつくられた医薬品です。男性ホルモンは主に睾丸から分泌されますが,普通,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足してきます。
有効成分のテストステロン(男性ホルモン)は局所に直接すり込むことにより,肝臓などへの負担も少なく男性ホルモンの不足を補い,上記症状の改善を期待することができます。
おススメ!

更年期の諸症状や恥部無毛症に。QOL(生活の質)を改善します。
患部に直接塗布する軟膏剤。肝臓に負担をかけません。

6.
☆金蛇精(糖衣錠)は,男性の更年期に不足してくる男性ホルモン(メチルテストステロン),体力を補強するための動物性・植物性生薬(赤マムシ末,赤何首烏末,イカリ草末など),そして大切なビタミン(ビタミンB1,ビタミンB2等)を配合した男子強壮保健薬です。
☆精力減退や性欲欠乏・性感減退・勃起力減退などの男性機能低下を補うとともに,更年期以降に於ける視力減退・記憶力減退・全身倦怠を改善します。
おススメ!

更年期に不足してくる男性ホルモンを配合する糖衣錠。
体力を補強する生薬、ビタミン薬を配合する男子強壮保健薬。

7.
  •  
  • 24包
  • 8日分
  • ¥1,294~
●「柴胡加竜骨牡蛎湯」は,漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」に収載されている薬方です
●精神不安があって動悸,不眠などを伴う人の高血圧の随伴症状(動悸,不安,不眠),神経症などに効果があります。
8.
男性ホルモンの分泌不足や作用低下が起こると,男性の性機能に衰えがあらわれます。オットピン-Sには皮膚の柔軟部から体内に吸収されるメチルテストステロン(男性ホルモン)やオットセイのオイルを配合しておりますので,勃起力不全や早漏の性機能障害,頭痛,倦怠,記憶力減退の更年期障害などの改善が期待できます。
おススメ!

オットピンの男性ホルモンの含有率は日本で1番です。
正しい使い方で1週間程度継続使用すればいち早く効果が期待できます。

男性の体の悩みの症状分類

男性更年期・性機能改善

 中高年男性で、意欲の減退、筋肉痛、ほてり、発汗、性欲の低下などの不定愁訴で、体内の男性ホルモン(テストステロン)が不足しています。一般的に男性ホルモンは加齢に伴い体内での産生が低下し、とくに40代後半から50代前半に、更年期症状が現れます。欧米では後発性性腺機能低下症(LOH)といいます。男性ホルモンの低下に加え、体調の変化や外的なストレスなどが重なって発症すると考えられています。テストステロンの補充療法を行いますが、前立腺がんの人やその疑いのある人は使用を控えた方がいいです。50才以上の人は薬の使用が可能であるか、病院で検査を受ける必要があります。
 男性の性機能不全は、性交時に現れる各種の障害です。性的欲求の低下、勃起する能力やその状態を持続する能力の低下(勃起障害または不能)など、内容は様々です。肉体的要因と精神的要因(不安、恐れ、ストレスなど)が影響しあって引き起こされます。勃起障害が最も多くみられ、加齢に伴い増加します。体重肩の場合の減量、運動、禁煙などは有用です。

科目で探す

医薬品の分類