発育期の子供

発育期の子供のお薬のおススメ!

健康維持に必要な10種類のビタミン、カルシウム、マグネシウムの補給に。
現代の食生活を考慮してつくられた栄養補給の保健薬。白色の錠剤です。
骨や歯を作るカルシウムを補給する錠剤。
妊娠・授乳期の女性や高齢者に。虚弱体質の骨歯の発育促進に。

発育期の子供の医薬品一覧

全11件中 1件~10件
1.
本品は、天然の八ッ目鰻を用いて抽出した八ッ目鰻精製油とビタミンA油を配合したものです。目の乾燥感や病中病後の体力低下時、発育期、妊娠授乳期のビタミンA補給に効果のある医薬品です。
おススメ!

ビタミンAの補給薬。目の乾燥、夜盲症(とり目)にも。
飲みやすいソフトカプセル。発売から70年のロングセラー。

2.
●パンビタンハイは,健康維持に必要な10種のビタミンとカルシウム,マグネシウムの補給を目的とした保健薬です。
●現代の食生活を考慮してつくられた栄養保健薬です。
●食事からの摂取では不足しがちなカルシウム,マグネシウムをバランスよく補給します。
●白色〜わずかに黄色をおびた白色の錠剤です。
おススメ!

健康維持に必要な10種類のビタミン、カルシウム、マグネシウムの補給に。
現代の食生活を考慮してつくられた栄養補給の保健薬。白色の錠剤です。

3.
パソコンの操作や車の運転で目を酷使したり,またエアコンによる室内の乾燥やコンタクトレンズの使用で,目の乾きに悩む方が増えています。
チョコラADは,目の乾きを緩和するとともに,骨や歯の発育不良や病気の時などのビタミンAD補給に適したビタミン剤です。のみやすい小型のソフトカプセルで,しかも1日1カプセルの服用(食後)です。
おススメ!

ビタミンA・ビタミンDを補給するカプセル剤。
ビタミンAが目の乾燥を緩和。とり目、くる病の予防にも。

4.
  •  
  • 50錠
  • 25日分
  • ¥1,913~
1.1日1回,2錠(15歳以上)で,カルシウム610mgが摂れます。
2.カルシウムの吸収を促進するビタミンD3,さらにマグネシウムを配合しています。
3.服用しやすい,かみくだけるソフトチュアブル錠。水なしでそのまま服用できます。
4.さわやかなヨーグルト風味です。
5.
  •  
  • 24包
  • 8日分
  • ¥1,408~
●「柴胡加竜骨牡蛎湯」は,漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」に収載されている薬方です
●精神不安があって動悸,不眠などを伴う人の高血圧の随伴症状(動悸,不安,不眠),神経症などに効果があります。
6.
●1日1回,4錠の服用で610mgのカルシウムが補給できます。
●カルシウムの吸収を促進するビタミンD3や,カルシウムの代謝に必要なマグネシウムを配合しています。
●有効成分のカルシウムは鉱物由来の原料を使用しています。
●カルシウムが必要な妊娠・授乳期のお母さんや加齢にともなうカルシウムの吸収が衰えがちな方などにも適しています。
おススメ!

骨や歯を作るカルシウムを補給する錠剤。
妊娠・授乳期の女性や高齢者に。虚弱体質の骨歯の発育促進に。

7.
  •  
  • 100錠
  • 50日分
  • ¥2,908~
1.1日1回,2錠(15歳以上)で,カルシウム610mgが摂れます。
2.カルシウムの吸収を促進するビタミンD3,さらにマグネシウムを配合しています。
3.服用しやすい,かみくだけるソフトチュアブル錠。水なしでそのまま服用できます。
4.まろやかな抹茶風味です。
8.
  •  
  • 900錠
  • 60日分
  • ¥2,380~
●ワダカルシューム錠は,骨がもろくなるのを防ぎ,骨や歯の発育を促すカルシウム剤です。
●15錠(成人1日量)でカルシウムが645mgとれます。
●小さな錠剤ですので,お子様からお年寄りの方まで服用出来ます。
●カルシウムが必要な妊娠・授乳期のお母さんや加齢にともなうカルシウムの吸収が衰えがちな方,また,骨の形成に大切な時期で,多くのカルシウムが必要な発育期の方などにも適しています。
9.
  •  
  • 240mL
  • 120日分
  • ¥9,150~
 キヨーレオピンwは,ニンニクを長期間かけ抽出・熟成し,濃縮して得られた濃縮熟成ニンニク抽出液に,肝臓分解エキス,ビタミンB1及びビオチンを配合した滋養強壮剤です。
 本剤は,ニンニク特有の刺激や臭いが軽減されておりますので,のみやすく,また服用後の口臭や体臭はほとんど気になりません。
10.
  •  
  • 120mL
  •  
  • ¥0~
 キヨーレオピンネオは,ニンニクを長期間かけ抽出・熟成して得られた熟成ニンニク抽出液に,肝臓分解エキス,ビタミンB6,ニコチン酸アミド及びパンテノールを配合した滋養強壮剤です。
 本剤は,ニンニク特有の刺激や臭いが軽減されておりますので,のみやすく,また服用後の口臭や体臭はほとんど気になりません。

発育期の子供の症状分類

発育時の栄養補給

生まれた直後の新生児から、乳幼期、幼児期、学童期までを小児といい、旺盛な成長過程にあります。この時期に栄養が不足すると、その後の成長や発育に重大な影響を及ぼします。栄養障害が脳の発育にも多大な影響を及ぼします。一方、小児の摂取能力や消化・吸収機能は発達中なので、消化不良により不足することもあり、その結果成長が抑制されてしまいます。タンパク質、脂質、糖質のほか、ビタミン、ミネラル類を十分かつバランスよく摂取することが大切です。食べ物の種類を多くするといいです。
 もっとも栄養を必要とする小学生から高校生にかけての成長期の栄養不足を起こしやすくなります。バランスの良い食事(主食・主菜・副菜)が摂れるようにを心がけましょう。過剰摂取や偏食・欠食は栄養バランスを崩してしまいます。家庭内の個食(孤食)、加工食品、ファーストフードの利用、朝食の欠食などが原因に挙げられます。アレルギーや生活習慣病などを引き起こすこともあります。また、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEは摂取過剰に気をつける必要があります。

科目で探す

医薬品の分類

現在の担当薬剤師