不眠・ストレス・いらいら

不眠・ストレス・いらいらのお薬のおススメ!

寝つきが悪い・眠りが浅いときに、睡眠を改善するソフトカプセル。
リラックスアロマ「ラベンダー」配合。就寝前に服用してください。
いらいら・不安感・耳鳴りを緩和する錠剤。
ストレス症状に効果を発揮する。

不眠・ストレス・いらいらの医薬品一覧

全22件中 1件~10件
1.
 男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており,先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足していきます。
 プリズマホルモン錠は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と,男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に,滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており,中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退,陰萎等の症状を改善する医薬品です。
2.
複雑化する現代社会に伴い,色々なことで神経を使うことが多くなっています。このようなストレスによって,様々な神経症状を引き起こすことが知られています。
ウットは,精神の興奮や神経衰弱などの鎮静を目的とした薬です。
3.
「半夏厚朴湯」は,漢方の原典である『金匱要略』に記載されている漢方薬で,気分がふさぎ,のどや食道等に何か詰まったような感じがする,動悸,めまい,はきけがある場合の「不安神経症」,「神経性胃炎」等に用いられています。
『ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒』は,「半夏厚朴湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。
おススメ!

気分がふさいで、ときに動悸やめまいがあるひとに。
不安神経症、神経性胃炎を改善する漢方の顆粒剤。

4.
一時的な不眠による次の症状の緩和 寝つきが悪い・眠りが浅い
●こんなとき、こんな方の一時的な不眠に
 ○ストレスが多く、眠れない
 ○疲れているのに、神経が高ぶって寝つけない
 ○心配ごとがあって、夜中に目が覚める
 ○不規則な生活で、睡眠リズムが狂い、寝つけない
 ドリエルは就寝前の服用により、寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。

●ドリエルの効きめ成分
 ドリエルの効きめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)は、皮ふのかゆみをしずめたり、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる目的で広く使われていますが、服用により眠気をもよおすという作用があります。
 ドリエルはこのジフェンヒドラミン塩酸塩の持つ眠気の作用を応用してつくられた医薬品です。

●ドリエルで眠くなるしくみ
 脳の睡眠・覚醒に関係が深い視床下部の後部には、興奮性ニューロンといわれるヒスタミンニューロンが多く存在しています。その末端から放出されるヒスタミンは、大脳皮質をはじめ脳の様々な部位の神経細胞を興奮させることによって覚醒の維持・調節をしています。ドリエルは、その効きめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)が脳におけるヒスタミンの働きをおさえ、眠くなる作用をあらわします。
おススメ!

寝つきが悪い・眠りが浅いときに、睡眠を改善する錠剤。
自然に近い眠りに導きます。就寝前に服用してください。

5.
 男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており,先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足していきます。
 プリズマホルモン精は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と,男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に,滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており,中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退,陰萎等の症状を改善する医薬品です。
6.
「柴胡加竜骨牡蛎湯」は,漢方の原典である『傷寒論』に記載されている漢方薬で,精神的に不安定で,動悸や不眠等を伴う「高血圧の随伴症状(動悸,不安,不眠)」,「神経症」等に用いられています。
『ツムラ漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒』は,「柴胡加竜骨牡蛎湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。
おススメ!

更年期症状を改善する漢方顆粒剤。
体力中等度以上で精神不安・動悸・不眠・便秘を伴う人に。

7.
『ラムールQ』は,女性特有の諸症状に用いられている中将湯処方に鎮痛効果のあるエンゴサクや鎮静効果のあるカノコソウを配合して抽出したエキスに,センナエキス,8種のビタミンを配合して製したフィルムコート錠です。
「更年期障害」や「冷え症」に伴う「疲労感」,「肩こり」,「イライラ」,「頭痛」,「頭重」等の不快な症状を改善します。
おススメ!

更年期障害・血の道症・月経不順・冷え性を改善する漢方薬。
8種のビタミンも配合したフィルムコート錠。

8.
◆多忙な毎日を送る現代人の中には,ストレスなどによって眠れない日々に悩んでいる方は少なくありません。
◆ネオデイは,抗ヒスタミン剤:ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した一般用医薬品の睡眠改善薬です。
◆寝つきが悪い,眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。
おススメ!

寝つきが悪い・眠りが浅いときに、睡眠を改善する。
就寝前に服用してください。直径7mmの小型の錠剤。

9.
「加味逍遙散」は,漢方の著書である『和剤局方』に記載され,多くの女性に用いられてきた漢方薬です。
疲れやすい,肩こり,イライラ等のある体力中等度以下の方の「更年期障害」,「月経困難」,「月経不順」,「冷え症」,「不眠症」等に用いられています。
『ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒』は,「加味逍遙散」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。
おススメ!

疲れやすい,肩こり,イライラ等のある体力中等度以下の人に。
冷え性を改善する顆粒タイプの漢方薬。

10.
一時的な不眠による次の症状の緩和 寝つきが悪い・眠りが浅い
●こんなとき、こんな方の一時的な不眠に
 ○ストレスが多く、眠れない
 ○疲れているのに、神経が高ぶって寝つけない
 ○心配ごとがあって、夜中に目が覚める
 ○不規則な生活で、睡眠リズムが狂い、寝つけない
●ドリエルEXの特長
 ○有効成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」の働きで、寝つけない、眠りが浅い時などの症状にすぐれた効果をあらわします。
 ○中身が液状のカプセルタイプ。1回1カプセルを就寝前に服用してください。
 ○ラベンダーアロマ配合。
●ドリエルEXの効きめ成分
 ドリエルEXの効きめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)は、皮ふのかゆみをしずめたり、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる目的で広く使われていますが、服用により眠気をもよおすという作用があります。
 ドリエルEXはこのジフェンヒドラミン塩酸塩の持つ眠気の作用を応用してつくられた医薬品です。
おススメ!

寝つきが悪い・眠りが浅いときに、睡眠を改善するソフトカプセル。
リラックスアロマ「ラベンダー」配合。就寝前に服用してください。

不眠・ストレス・いらいらの症状分類

不眠・ストレス・いらいら

 誰しも 「眠ろうとしてもどうしても眠れない」という不眠の経験はあります。心配事がある、試験前日、旅行先など様々な原因がありますが、通常は数日から数週のうちにまた眠れるようになります。しかし、時には不眠が改善せず長く続く場合があります。不眠が続くと日中に様々な不調が現れるようになります。倦怠感・意欲低下・集中力低下・抑うつ(気分が沈む)・頭重(ずおも)・めまい・食欲不振などがあります。不眠には、寝つきが悪い、眠りが浅く途中で何度も目が覚める、早朝に目が覚めてしまう、ある程度眠ってもぐっすり眠ったという満足感がないといった4つのタイプがあります。原因は、ストレス、からだの病気、こころの病気、薬や刺激物、生活のリズムの乱れ(交替制勤務や時差)、環境(騒音や光)など様々です。原因によっては、専門機関での検査や診断が必要となります。また、軽度の症状であれば、OTC薬で改善することもできますが、生活習慣を見直すことで対処できます。例えば、就寝・起床時間を一定にする、睡眠時間にこだわらない、太陽の光を浴びる、適度の運動をする、ストレスは早めに解消する、寝る前にリラックスタイムを設ける、快適な寝室環境にする、寝酒はやめるなどです。
 ストレスとは、外からの刺激によって体の内部に生じる反応です。外からの刺激とは、暑さや寒さ、有害物質、騒音、光、病気、飢え、睡眠不足、家庭や職場における不安・緊張・恐怖・怒りなどがあります。これが原因となって人にストレスをもたらします。ストレスを解消しようと体内では防御反応が働きます。また、こころでもストレスに対処しようとしますが、人によって受け止め方が異なり、良いストレスになったり、悪いストレスになったりします。悪いストレスに対処できないと、身体に影響し、様々な症状として現れます。消化性潰瘍や高血圧、気管支喘息として現れたり、不安やうつとして現れます。症状が重い場合や長引く場合、OTC薬を使用しても改善しない場合には、早目に専門機関で受診することをおすすめします。
 更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調で、自律神経失調症の一つです。更年期を迎えると不快な症状が現れることがあります。また、この時期には家族環境の変化(子供の独立、夫の定年、親の介護など)により生活のリズムが急激に変わる時期と重なることがあります。更年期症状には、個人差があり、ほとんど気にならない人もいれば、日常生活に大きく影響するような症状に悩まされる人もいます。精神的な症状は、イライラ、不安、うつ、いらいら、神経質、睡眠障害、意欲低下などです。
 男性にも更年期症状が現れることがあります。加齢やストレスによる男性ホルモンの減少が原因です。症状や症状の感じ方には個人差があります。精神的な症状は、神経質、不眠、うつ、いらいら、無気力、意欲がなくなるなどです。

科目で探す

医薬品の分類