胃・二日酔い

胃・二日酔いのお薬のおススメ!

スッキリした服用感の散剤(粉末)。
健胃生薬で胃部不快感・胃もたれ解消。
二日酔いの原因にダイレクトに作用。
ビタミンCを補給して飲み疲れを緩和。

胃・二日酔いの医薬品一覧

全62件中 1件~10件
1.
「ガスター10」は,胃の症状の原因となる胃酸の出過ぎをコントロールし,胃粘膜の修復を早める薬で,胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬です。
2.
「ガスター10 S錠」は,胃の症状の原因となる胃酸の出過ぎをコントロールし,胃粘膜の修復を早める薬で,胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬です。
本剤は口の中の水分を含むと速やかに溶け崩れ,水なしでも服用できる口中溶解タイプの薬です。
おススメ!

水なしで服用。口の中でサッと溶ける。
胃酸をおさえて、胃痛や胸やけを改善。

3.
代謝を助けるアミノ酸"L-システイン"配合

ハイチオールCホワイティアは、体の代謝を助けるアミノ酸"L-システイン"が体の内側から細胞に働きかけ、シミ・そばかすを治療する医薬品です。

●体の内側からシミ・そばかすを治します。
 L-システインが肌細胞の生まれ変わりを正常化し、ビタミンCとの相乗効果で、シミ・そばかすの原因でもあるできてしまった過剰なメラニンを排出します。

●シミ・そばかすには1日2回の継続服用が効果的です。
 肌は約42日間で生まれ変わります。新しい肌が表面の肌に成長するまで時間がかかりますので、継続服用が効果的です。ハイチオールCホワイティアが、シミ・そばかすを治していきます。

●全身倦怠(疲れ・だるさ)、二日酔いにも効果を発揮します。
 L-システインが肝臓で働き、体の代謝(エネルギー産生)を助け、疲れ・だるさを改善します。
 また、アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドと直接反応して無毒化したり、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助け、二日酔いにも効果を発揮します。
おススメ!

しみ・そばかすが徐々に薄くなる。肌の代謝を改善する。
3か月間服用してください。

4.
腸内にはいわゆる善玉菌と悪玉菌と呼ばれる細菌が多く常在しており、私達の健康と深く関わっていることが知られています。この善玉菌と悪玉菌のバランスは年齢とともに少しずつ変化してきますが、高タンパク質、高脂肪、低食物繊維の食生活を続けていると、腸内環境の悪化に拍車がかかり、大腸の機能を低下させてしまう原因になることがあります。
近頃便が決まった時間に出ない、便秘になったり軟便になったりする、おなかのハリを感じるなど、おなかの症状が気になり始めたらザ・ガードコーワ整腸錠PCをおのみください。
本剤は、腸で働く納豆菌と乳酸菌の2つの生菌が生きたまま大腸に届くよう製剤設計されており、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑えることで腸を正常な状態に近づけていくお薬です。
また、本剤には、胃の働きを高めて腸の負担を和らげる3種類の健胃生薬に加え、ビフィズス菌の生育を促すビタミンや、おなかのハリを抑えるジメチルポリシロキサンが同時に配合されています。1日3回毎食後に水又はぬるま湯とともに服用してください。
腸の働きがよくなって、おなかの調子が整ってまいります。
5.
代謝を助けるアミノ酸L-システイン配合

L-システインとは・・・
タンパク質を構成するアミノ酸の1つです。皮膚や肝臓に多く存在し、さまざまな代謝に関与することで、体の健康に大切な働きをしています。

●肌の代謝(ターンオーバー)を助け、シミ・そばかすを治します。
 ハイチオールCプラスは
 ・ 肌の代謝を助け、過剰にできたメラニンをスムーズに排出
 ・ シミの原因となる過剰なメラニンの生成を抑制
 ・ 肌に沈着してしまった黒色メラニンを無色化
 することで、シミ・そばかすを治します。

●体の代謝(エネルギー産生)を助け、全身倦怠(疲れ・だるさ)を改善します。
 何らかの原因で体の代謝が滞ると、エネルギーが効率よく産生できず、疲れやだるさを感じるようになります。
 ハイチオールCプラスは、栄養素をエネルギーに変換する酵素の働きを助け、体内エネルギーの産生をスムーズにすることで疲れやだるさを取り除きます。

●二日酔の原因物質の分解を助け、症状を改善します。
 二日酔の原因は、アルコールを代謝する過程で生成されるアセトアルデヒドという物質です。ハイチオールCプラスは、アセトアルデヒドの分解を助け、二日酔の症状を改善します。
おススメ!

二日酔いの原因にダイレクトに作用。
ビタミンCを補給して飲み疲れを緩和。

6.
  •  
  • 330錠
  •  
  • ¥1,879~
強ミヤリサン(錠)は,整腸生菌成分の1つであり,生物でもっとも耐久性があると言われている芽胞を形成する酪酸菌(宮入菌)を主成分とした整腸薬です。
この酪酸菌(宮入菌)が腸内有益菌の働きを高め,有害菌の働きを抑えることにより,整腸作用を示します。
7.
  •  
  • 6錠
  •  
  • ¥0~
アシノンZ錠は,胃酸の分泌をコントロールするニザチジン(H2ブロッカー薬)を含んだ胃腸薬です。胃酸の出過ぎによる症状(胸やけ,むかつき,胃痛,もたれ)によく効き,胃粘膜の修復を早めます。
8.
ファモチジン錠「クニヒロ」は,H2ブロッカー薬のファモチジンを含有する胃腸薬です。過剰な胃酸の分泌を抑制し,胃粘膜の修復を早め,胃痛,胸やけ,もたれ,むかつきの症状を緩和します。
9.
胃は,もたれや胃重,胃痛など,いろいろなサインで不調を知らせてきます。このような症状は,脂肪分の多い食事や食べ過ぎ・飲み過ぎなどといった過度の物理的負担や,ストレスに伴う精神的負担,加齢による機能低下など,様々な要因によって胃が弱っていくことで起こります。
キャベジンコーワαは,荒れて傷んだ胃の粘膜を修復し,正常な状態に整えるキャベジン本来の効きめに加え,胃の運動を促進する生薬成分ソヨウなどにより,弱った胃の働きを取り戻していく胃腸薬です。
毎食後1日3回の服用で胃が元気に働くようになり,胃の不快な症状にすぐれた効果をあらわします。
10.
現代の食生活では、不規則な食事、嗜好品のとり過ぎなど、胃に負担をかけてしまうことが多くなっています。太田胃散〈分包〉は、健胃生薬(自然薬物)に制酸剤、消化酵素を配合した現代の食生活にマッチした胃腸薬です。飲みすぎ、胸やけ、胃のもたれなどの不快な症状に、おだやかですぐれた効きめをあらわします。毎日の食生活を快適に過ごしていただけるよう、太田胃散〈分包〉をお役立てください。
■生薬が胃の働きを改善
七種の健胃生薬の効果的な配合が胃の働きを良好にし、飲みすぎ、食べすぎ、胃のもたれなどの不快な症状の改善に役立ちます。また、胃の弱った方や食欲のない方にも健胃生薬は有効です。
■制酸剤が胃酸を中和
作用の異なる制酸剤を配合することで、胃の中の酸度を調整し、胸やけ、胃痛、胃部不快感にすぐれた効果をあらわすとともに、消化酵素を働きやすいようにします。
■さわやかな服用感と確かな効きめ
生薬特有の芳香味と効きめを生かすために散剤の形にしてあります。生薬の芳香味がl-メントールの清涼感、制酸剤の働きと相まってスッキリとした爽快な服用感をもたらします。また散剤なので胃の中で早く作用します。
おススメ!

スッキリした服用感の散剤(粉末)。
健胃生薬で胃部不快感・胃もたれ解消。

胃・二日酔いの症状分類

胃腸薬・二日酔い

胃痛:みぞおちの辺りが痛むことをいいます。痛みの種類は、シクシク、ズキズキ、締め付けられるような痛みなど様々です。胃酸と胃粘液のバランスが崩れ、胃粘膜が胃酸によって傷つけられることによって痛みが起こります。原因は、食べすぎや飲みすぎなどです。また、胃の緊張により強い収縮が生じて痙攣(けいれん)するために痛みが起こります。胃けいれんは、差し込むような強い痛みを引き起こすこともあります。胃けいれんの原因は、ストレスや緊張などです。胃酸の分泌が過剰な状態が長く続くと、胃炎や胃潰瘍になることもあります。

胸やけ:みぞおちから胸部にかけてのチリチリと焼けるような感覚をいいます。胃液(胃酸)が食道に逆流し粘膜に炎症が起こります。原因は、食べすぎや飲みすぎ、アルコール、コーヒー、香辛料、ベルトや帯などで腹部を締め付けすぎている、前かがみの姿勢が多い、タバコ、ストレス、加齢、便秘、肥満などです。

胃もたれ:食後時間が経っても胃が重い、胃の中に何かが残っていて不快、といった症状があります。胃の機能が低下していたり、食べ過ぎてしまったりすると、食べたものがなかなか十二指腸に送られずに胃の中に滞ってしまうことで起こります。原因は、食べ過ぎや脂っこい食事、体質や加齢で、胃の消化機能に負担がかかるためにもたれます。ストレスも原因となり、胃の働きを調節している自律神経の乱れが胃の働きを低下させてしまいます。

吐き気:みぞおちから胸にかけてムカムカし、嘔吐が起こりそうな感覚をいいます。脳の嘔吐中枢が刺激されることで吐き気が起こり、ときには嘔吐してしまうこともあります。原因は、食べ過ぎや飲みすぎ、ストレス、食あたりなどです。なお、吐き気は乗り物酔いでも起こり、この場合には酔い止め薬を用います。

二日酔い:アルコールの飲みすぎによって、頭痛、吐き気、体のほてり、のどの渇きなどの不快な症状が出ます。体内にアルコールが残っていると、酩酊感やふらつきなどの症状があります。また、アルコールの刺激で胃が荒れたり、胃の機能が低下したり、脱水症状にもなります。体内に摂取されたアルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドになり、さらに分解されてアセテートになって、体外に排出されます。アルコールを飲みすぎると、肝臓によるアセトアルデヒドの分解が追い付かず、血中のアセトアルデヒド濃度が高くなってしまいます。このアセトアルデヒドが二日酔いの不快な症状の原因となります。

胃部膨満感:食べ物がが滞ったり、胃腸が膨らんで、張りを感じたり苦しいと感じることです。原因は、食べすぎや飲みすぎなどで、胃の機能が一時的に低下している状態です。

食欲不振:食べ物を食べたいという欲求が低下したり、なくなってしまった状態のことです。あらゆる病気において、多かれ少なかれみられる症状です。原因は、ストレスや疲労、睡眠不足、夏バテ、食べすぎ飲みすぎ、加齢などです。胃の働きが弱っているので、消化の良いものをとるとよいでしょう。

科目で探す

医薬品の分類