貧血・鉄分

貧血・鉄分のお薬のおススメ!

貧血・鉄分補給
おススメ!
2~3週間の服用で貧血に伴う症状を改善。
貧血の改善後も半年から1年間は継続服用してください。
貧血・鉄分補給
おススメ!
血行改善で体が温まる。ホルモンや自律神経のバランスを改善。
11種類の生薬を含む、のみやすい錠剤。

貧血・鉄分の医薬品一覧

全4件中 1件~4件
1.
「命の母ホワイト 180錠」は、昔から女性のために用いられてきた11種類の生薬を飲みやすい錠剤にしました。血行を促し体を温めて、ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる様々な生理の不調症状を改善し、女性の体を正しい状態に近づけます。医薬品。
おススメ!

血行改善で体が温まる。ホルモンや自律神経のバランスを改善。
11種類の生薬を含む、のみやすい錠剤。

2.
  •  
  • 60錠
  • 6.6日分
  • ¥0~
●ルビーナめぐりは,漢方処方「当帰芍薬散加人参」にもとづく製品です。
●次のはたらきにより体全体のバランスを良くしていき,つらいむくみ・生理痛・頭重などを改善します。
 ・血のめぐりを良くしていくことで,手足の先から体を温めます。
 ・水のめぐりを良くしていくことで,冷えの原因となる水が体にたまっているのを改善します。
 ・弱った胃腸のはたらきを活発にすることで,体を芯から温めます。
●体力虚弱で胃腸が弱く,冷え症で貧血の傾向があり,疲労しやすい方に適しています。
●特有の香味をもったかっ色の錠剤です。
3.
1.1日2錠飲めば、毎日食事からとる必要のある鉄分の2倍以上の鉄分23mgを補給できます。
2.体内での吸収がよい鉄分配合により、クラッとする貧血を治します。
3.鳥レバー128gまたは、ホウレン草580g中に含まれる鉄分と同量の鉄分11.5mgを1錠中に配合しています。
4.2〜3週間の服用で、貧血が原因の立ちくらみ・だるさ・疲れ・朝の起きづらさ・手足の冷えに効き始めます。
5.鉄分の吸収を高めるレモン1個分のビタミンC25mg・赤血球を守るビタミンE、カルシウム・葉酸・ビタミンB12配合。
6.思春期のお嬢様・産前産後の貧血に有効です。
おススメ!

2~3週間の服用で貧血に伴う症状を改善。
貧血の改善後も半年から1年間は継続服用してください。

4.
  •  
  • 30錠
  • 15日分
  • ¥1,038~
1.吸収のよい溶性ピロリン酸第二鉄を主成分とし,効果的にヘモグロビンを造り,貧血を改善
2.赤血球を造るのに必要な葉酸とビタミンB12をバランスよく配合
3.コーティング錠だから,鉄の味やニオイがしない
4.腸で溶ける錠剤だから,効果的に成分を体内に吸収
5.1日1回の服用で効く

貧血・鉄分の症状分類

貧血・鉄分補給

 血液中の赤血球の数やヘモグロビン(酸素を運ぶ赤血球の成分)の量が少ない状態を貧血といいます。赤血球数が減ったり、ヘモグロビンが少ないと、酸素が十分に供給されないため、臓器や組織は酸素不足になり、貧血の症状が現れます。ヘモグロビン(血色素)は、赤血球の働きの中心であり、血液が赤い色をしている理由でもあります。健康診断などで行われる血液検査の結果、ヘモグロビン濃度が正常値以下であるときに貧血と診断されます。
 貧血の自覚症状は、動悸、息切れ、倦怠感、顔色不良、顔面蒼白(時に黄色に見えることもあります)、起立性低血圧、立ちくらみ、頭痛、めまい、耳鳴りなどですが、健康診断で指摘されて気付くことが多いようです。
 原因はさまざまですが、大きく分けると次の3つに分類されます。(1)失血(大量の出血)(2)赤血球の産生不足(3)赤血球の大量破壊です。(1)では、ケガや手術で大量に出血することもありますが、多くの場合、徐々に繰り返す出血で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、痔、月経(生理)過多などです。(2)では、体が十分な量の赤血球をつくれないことが原因です。赤血球の産生に必要な栄養素である鉄、ビタミンB12、葉酸、ビタミンCやエリスロポエチン(赤血球の産生に関わるホルモン)が不足すると赤血球がつくられなくなります。食事から鉄やビタミンが十分に摂取されないこともあります。胃の切除に伴い、胃酸が低下して、鉄やビタミンB12が吸収されなくなることもあります。また、何らかの原因で血液成分をつくる骨髄の機能が低下して赤血球がつくられなくなることもあります。(3)では、赤血球の寿命は通常120日間で、寿命になると脾臓や肝臓でマクロファージという細胞に破壊されます。また、破壊された赤血球は、分解されて鉄分は再利用されます。寿命に達していない赤血球が破壊されると、これを補うために体は新しく赤血球をつくろうとします。赤血球の産生速度を上回る速度で破壊が進むと貧血になります。
 このように貧血の原因はさまざまなので、原因に応じた治療をしますが、よく見られる貧血は鉄分が欠乏して起こる鉄欠乏性貧血です。OTC薬では鉄分やビタミンを補うことで貧血症状を改善します。漢方薬を用いて、貧血症状を改善する方法もあります。貧血に関連して、氷をやたらと食べるという症状は貧血の可能性が高いです。普通の人ではありえないくらい(1日に製氷皿1杯以上)の量の氷を食べ、”氷食症”といいます。この代表的な原因が鉄欠乏性貧血です。寒い時期にもかかわらず、口の中が乾いたり、温度が高く感じるために、氷をたくさん食べるようであれば、貧血を疑ってみてください。また、貧血では、食べ物の好みに変化もあるようです。
 貧血は、食事の習慣を改善することで、鉄分を摂取できます。鉄分の多い材料と一緒に、ビタミンCを多く含む柑橘類も摂ると鉄分の吸収を助けてくれます。また、鉄製の鍋やフライパンを使うと鉄分補給の助けになります。

科目で探す

医薬品の分類

現在の担当薬剤師