ただいま営業時間外

女性の体の悩み

女性の体の悩みのお薬のおススメ!

デリケートな膣粘膜にクリームタイプの軟膏剤。
加齢・ストレス・閉経後に。皮膚吸収が肝臓にやさしい。
膣カンジダ
おススメ!
原因のカンジダ菌に優れた抗菌活性。無着色・無臭の膣錠。
速やかに崩壊する発泡錠が膣内のすみずみまで行き渡る。
膣カンジダ
おススメ!
原因菌を殺菌して治療する膣錠。
おりもの、かゆみ、腫れを改善する。
更年期症状や月経不順などを改善する漢方顆粒剤。
体力虚弱で冷え症・貧血・疲れやすい人に向いています。
疲れやすい,肩こり,イライラ等のある体力中等度以下の人に。
冷え性を改善する顆粒タイプの漢方薬。

女性の体の悩みの医薬品一覧

全25件中 1件~10件
1.
「ヒメロス」は,有効成分に卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種で,エストロゲンともいいます。)である,エチニルエストラジオールとエストラジオールを配合した医薬品です。
卵胞ホルモンは主に卵巣から分泌され,いわゆる「女性らしさ」や「潤い」をつかさどるホルモンです。ところが,加齢やストレスにともない卵巣の機能が衰えますと,卵胞ホルモンの分泌も低下します。
そして,閉経期やストレスで卵胞ホルモンの分泌が急激に低下しますと,ほてりや発汗が生じたり,神経質になってイライラする,あるいは冷感症や不感症になるなど,さまざまな不定愁訴が生じます。これが婦人更年期障害です。また,閉経後は卵胞ホルモンがほとんど分泌されないため,性器の萎縮が生じて,性生活が困難になります。このようなときに「ヒメロス」を塗布しますと,不足した卵胞ホルモンが補充されて,上記諸症状の改善が期待できます。肝臓にやさしく,少量で卵胞ホルモンを皮ふから補充できることが特徴です。
おススメ!

デリケートな膣粘膜にクリームタイプの軟膏剤。
加齢・ストレス・閉経後に。皮膚吸収が肝臓にやさしい。

2.
本製品は有効成分オキシコナゾール硝酸塩がカンジダ菌を殺菌し、腟カンジダの再発を元から治します。デリケートゾーンのがまんできないかゆみ・ぽろぽろとした白いおりものなどを伴う腟カンジダに効いていきます
3.
「命の母ホワイト 180錠」は、昔から女性のために用いられてきた11種類の生薬を飲みやすい錠剤にしました。血行を促し体を温めて、ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる様々な生理の不調症状を改善し、女性の体を正しい状態に近づけます。医薬品。
おススメ!

血行改善で体が温まる。ホルモンや自律神経のバランスを改善。
11種類の生薬を含む、のみやすい錠剤。

4.
  •  
  • 120カプセル
  • 40日分
  • ¥3,694~
ユベラックスは,血管と血液の働きを正常に保って血行をよくするとともに,脳下垂体や卵巣などの働きを助けてホルモンバランスを調整し,肩・首すじのこりや手足のしびれ・冷えなどを改善します。また,活性酸素による体内脂肪の酸化物(過酸化脂質)が増加しやすい老年期のビタミンEの補給にも適しています。
本品は,食事から十分な量を摂取しにくいα型の天然ビタミンEを,油に溶かさず,そのまま植物由来の成分を主体に作られた小型のソフトカプセルに包んでいます。
5.
●エンペシドLは,イミダゾール系の抗真菌成分クロトリマゾールを有効成分とする,腟カンジダの再発治療薬です。
●1日1回1錠,6日間の使用で,腟カンジダの再発に効果をあらわす発泡性の腟錠です。
おススメ!

原因のカンジダ菌に優れた抗菌活性。無着色・無臭の膣錠。
速やかに崩壊する発泡錠が膣内のすみずみまで行き渡る。

6.
「柴胡加竜骨牡蛎湯」は,漢方の原典である『傷寒論』に記載されている漢方薬で,精神的に不安定で,動悸や不眠等を伴う「高血圧の随伴症状(動悸,不安,不眠)」,「神経症」等に用いられています。
『ツムラ漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒』は,「柴胡加竜骨牡蛎湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。
おススメ!

更年期症状を改善する漢方顆粒剤。
体力中等度以上で精神不安・動悸・不眠・便秘を伴う人に。

7.
※本剤の使用は,以前に医師から膣カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限ります。
■膣カンジダとは?
膣カンジダとは,カンジダという真菌(カビの仲間)によって起こる膣炎です。女性性器の感染症の中では,よくみられる疾患ですが,適切な治療を行うことが大切です。
■膣カンジダの典型的な症状
膣カンジダにかかると,おりものの見た目や量に変化(おかゆ(カッテージチーズ)状や白く濁った酒かす状)がおこり,外陰部に発疹(発赤,はれた感じ等)を伴うかゆみが生じます。
8.
腟カンジダは,カンジダ菌という真菌(カビの仲間)によって起こる腟炎です。腟カンジダにかかると外陰部のかゆみと,おりものの見た目や量に変化が起こり,ときに外陰部の熱感,痛み,腫張感を伴います。おりものの性状は,腟カンジダ特有のおかゆ(カッテージチーズ)状,白く濁った酒かす状です。本剤は腟カンジダの症状を改善する治療薬です。

本剤の使用は,以前に医師から腟カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限ります。
おススメ!

原因菌を殺菌して治療する膣錠。
おりもの、かゆみ、腫れを改善する。

9.
  •  
  • 180錠
  • 15日分
  • ¥2,246~
●「八味地黄丸」は,漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載されている薬方です。
●頻尿,排尿困難,老人のかすみ目,下肢痛などの症状に効果があります。
10.
※本剤の使用は,以前に医師から膣カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限ります。
本剤は膣内のカンジダを治療するものではありません。膣内の治療には,膣剤の使用が必要です。
■膣カンジダとは?
膣カンジダとは,カンジダという真菌(カビの仲間)によって起こる膣炎です。女性性器の感染症の中では,よくみられる疾患ですが,適切な治療を行うことが大切です。
■膣カンジダの特徴的な症状
膣カンジダにかかると,おりものの量や見た目に変化(おかゆ(カッテージチーズ)状や白く濁った酒かす状)がおこり,外陰部に発疹(発赤,はれた感じ等)を伴うかゆみが生じます。
おススメ!

再発時、発疹を伴うかゆみ・かぶれを緩和。治療薬ではありません。
デリケートな部分にさらさらなクリーム剤。

女性の体の悩みの症状分類

女性更年期・不感症・月経不順

 更年期は、閉経前後の5年間をいいます。この期間に、あらわれる様々な症状の中で、他の病気に伴わないものを更年期症状と呼び、その中でも症状が重く日常生活に支障をきたすものを更年期障害と呼びます。主な原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の低下で、加齢に伴う体の変化と精神・心理的な要因、社会的・家庭的な環境因子が複合的に影響して症状があらわれます。症状は大きく分けて3つに分類されます。
①自律神経失調:のぼせ、汗、寒気、冷え性、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい
②精神症状:イライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、抑うつ気分
③その他の症状:腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振、皮膚の乾燥感やかゆみ、尿が近く外陰部の不快感
 原因が女性ホルモンの減少であれば、女性ホルモンを補う治療があります。また、三大漢方婦人薬といわれる当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸なども用いられます。不眠などの症状がある場合には、その症状を改善する薬で対処することもできます。これら更年期に見られる症状は、いずれ軽快していきます。つらい時期には薬を上手に活用して、やり過ごすのもいいかもしれません。
 不感症は、性交欲があり、性交を行っている女性で、オーガズムを欠くか不十分なものをいいます。原因は、加齢に伴う女性ホルモンの減少、精神的要因などさまざまです。女性ホルモンが減少する更年期以降は、外陰部の乾燥や掻痒感などの症状があらわれます。更年期以降には、女性ホルモンを補充すると症状が改善します。
 生理周期の目安は25日~35日ですが、この周期が目安より大幅に長かったり、短かったり、ばらつきがあることを生理不順といいます。精神的なストレスや無理なダイエット、睡眠不足が原因の女性ホルモンのバランスの乱れ、冷えによる血流の悪化、閉経および更年期にも生理不順になることがあります。

冷え性

[冷え性]
 冷え性は女性に多い症状です。個人差はありますが、女性の半数以上が冷えをつらいと感じています。男性に比べると、女性は熱をつくり出す筋肉量が少ないこと、貧血や低血圧、更年期障害の人が多いと考えられています。月経(生理)の影響で腹部の血流が滞っていることも挙げられます。女性のみならず、冷え性に悩む男性もいます。冷え性は、普通の人が寒いとは感じない温度でも、全身や手足、下半身など体の一部が冷えてつらいと感じています。冷え性の人は、血行不良になっているので、むくみや肩こり、月経困難、免疫力低下などを引き起こすこともあります。
体質もありますが、生活習慣を工夫することでも改善できます。冬には下半身をあたたくするといいでしょう。冷え性で夏の冷房対策としては、冷やし過ぎない、あるいは1日中冷房の中で過ごさないように気をつけましょう。また、朝食をちゃんと食べたり、暖かいものを食べるようにしたり、湯船につかる(熱いお湯はかえって体を冷やしてしまうので気をつけましょう)、運動する、薄着や素足を避けることでも改善します。

膣カンジダ

 膣内の常在菌である真菌(酵母)のカンジダが異常増殖して発症します。抗生物質の長期投与や糖尿病、妊娠、過度のストレスや生活習慣の乱れなどによる体の抵抗力の低下により膣内環境の変化が原因となります。性交渉により感染することもあります。
掻痒感(そうようかん:かゆみ)と帯下(たいげ:おりもの)増量が主な症状で、時には痛みや灼熱感を伴うこともあります。帯下は白色で酒粕状、粥状、塊状になることもあります。膣カンジダ症は多くの女性が一度は経験する頻度の多い疾患です。また、再発しやすい疾患です。OTC薬では、腟カンジダを再発し、以前に医師から腟カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限り使用できます。
いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください