営業中(即日発送します)
プリズマホルモン軟膏
  • プリズマホルモン軟膏

プリズマホルモン軟膏 10g

  • ✕ 在庫なし
  • カートに入れる

こんなことで悩んでいませんか?

注意点

  • 濫用の恐れあり
  • ステロイド配合
  • ピリン系
  • 抗生物質配合
特徴

本品は男性ホルモンの分泌不足によっておきる勃起力減退,精力減退や男性更年期障害の各症状に対して,その治療を目的としてつくられた医薬品です。男性ホルモンは主に睾丸から分泌されますが,普通,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足してきます。
有効成分のテストステロン(男性ホルモン)は局所に直接すり込むことにより,肝臓などへの負担も少なく男性ホルモンの不足を補い,上記症状の改善を期待することができます。

効能・効果

男性ホルモン分泌不足による神経衰弱諸症,男性更年期諸症,男性老衰現象の予防及び恢復(快復),恥部無毛症

■症状の解説
神経衰弱諸症:早漏,勃起力減退,精力減退,イライラ等の症状。
男性更年期諸症:男性ホルモンの減少に伴う諸症状を指します。

用法・用量

表皮の薄い部位やその他の患部注)に清浄にして,1回約0.1g(小豆大)宛1日1〜2回手にとってすりこんでください。

対象 その説明
注)その他の患部亀頭部,陰嚢(睾丸)など

用法関連注意

1.定められた用法・用量を厳守すること。
2.目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
3.ご使用前後には,手指をよく洗うこと。
4.塗布部を清潔にしてから使用すること。
5.外用にのみ使用すること。

保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり,品質が変わる。)
4.使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
5.本剤が出すぎた場合は,チューブに戻さないこと。
6.本剤をチューブから出しにくい場合は,手のひら等で1〜2分温めて使用すること。

成分・分量

1g中

テストステロン

10mg

添加物

親水ワセリン,エタノール

注意事項

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は使用しないこと

(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(2)ご使用前に本剤をチューブから5mm程度出し,内股などの皮膚のうすい所にすり込んで,翌日中に発疹,発赤,かゆみ,かぶれ,はれなどの症状があらわれた人。

(3)アンドロゲン依存性悪性腫瘍[例えば前立腺腫瘍,乳腫瘍(悪性)]及びその疑いのある人。

(4)女性。

(5)15歳未満の小児。

(6)排尿困難を伴う前立腺肥大のある人。

(7)前立腺検査※の結果,前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上の人(医師の判断に従うこと)。

※有効成分(テストステロン)は前立腺腫瘍を進行させるおそれがある。

a)特に50歳以上の男性は前立腺腫瘍の罹患率が高まるため,本剤のご使用前に前立腺検査を受ける必要がある。

b)継続的にご使用の人は定期的な検査を受ける必要がある。

c)検査の結果,異常があった場合には直ちに本剤のご使用を中止して,医師又は薬剤師に相談すること。

(8)睡眠時無呼吸症候群である人。

2.次の部位には使用しないこと

(1)目や目の周囲,粘膜(口腔,鼻腔等)。

(2)陰茎部先端(尿道口)。

(3)外傷,炎症,湿疹,ただれ,化膿などのある部位。

3.本剤を使用している間は,男性ホルモンを含んだいずれの医薬品も使用しないこと

4.使用者以外へ付着させないこと

(1)ご使用後は石鹸とぬるま湯で手を十分に洗うこと。

(2)本剤を使用者以外の人に付着させないように注意すること。付着した場合は直ちに洗い流すこと。

(3)塗布部が他の人と接触する可能性があるときは,塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流すこと。

■相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること

(1)医師の治療を受けている人。

(2)前立腺肥大ではあるが,排尿困難を伴わない人。

(3)薬や化粧品などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ等)を起こしたことがある人。

(4)重度の心臓病,腎臓病,肝臓病,高血圧またはその既往歴のある人。

2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

関係部位症状
皮膚(塗った所)発疹・発赤,はれ,かぶれ,かゆみ,水疱,にきび

3.1ヶ月くらい使用しても症状の改善がみられない場合は,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

4.誤った使い方をしてしまった場合は,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

消費者相談窓口

会社名:原沢製薬工業株式会社
問い合わせ先:お客様相談室
電話:(03)3441-5191
受付時間:9:30〜17:00(土,日,祝日を除く)

プリズマホルモン軟膏のみんなの質問

効果について

Q.お恥ずかしながら、この数年で勃起力が低迷しています。プリズマホルモン軟膏は、勃起力なども回復するんでしょうか? (43歳男)
A.はい。プリズマホルモン軟膏は、勃起力減退などにも有効的とされています。男性ホルモン分泌不足による神経衰弱諸症、男性更年期諸症、男性老衰現象の予防、及び快復に効果を発揮致します。また早漏、精力減退、イライラ等の症状などにも効果があるとされています。

用法について

Q.衰えってホント悲しいですね...こういう物にお世話になるとは思いもしませんでした。プリズマホルモン軟膏...効いてもらいたいです。しっかりと効いてもらいたいので、プリズマホルモン軟膏の使い方を教えて下さい。 (52歳男)
A.プリズマホルモン軟膏の使用方法としましては、表表皮の薄い部位やその他の患部を清浄にしてからお使い下さい。1回に約0.1 (小豆大)宛を、1日1〜2回手にとって、患部、亀頭部、陰嚢(睾丸)などすりこんでください。

副作用について

Q.プリズマホルモン軟膏を使い始めてから、4日目ですが、睾丸の裏側が少し痒くなってきました。イン菌などではありません。副作用でしょうか?プリズマホルモン軟膏の副作用を教えて下さい。 (55歳男)
A.副作用の恐れがございます。プリズマホルモン軟膏は、副作用が少ないお薬です。しかし個人差もございますが、稀に副作用が出る場合がございます。使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、医師又は薬剤師に相談する用にして下さい。皮膚(塗った所)【発疹・発赤】【はれ】【かぶれ】【かゆみ】【水疱】【にきび】などの報告がございます。

必ずお読みください! 医薬品をご購入の方へ

商品名:プリズマホルモン軟膏【第1類医薬品】

これは医薬品です。ご購入の前に、ご自身で必ず注意書き等をお読みになり、内容について了承したうえで、ご注文ください。 この商品は通販できるみんなのお薬が販売しています。 ご不明点、ご質問は、 通販できるみんなのお薬までご連絡ください。

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は使用しないこと

(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(2)ご使用前に本剤をチューブから5mm程度出し,内股などの皮膚のうすい所にすり込んで,翌日中に発疹,発赤,かゆみ,かぶれ,はれなどの症状があらわれた人。

(3)アンドロゲン依存性悪性腫瘍[例えば前立腺腫瘍,乳腫瘍(悪性)]及びその疑いのある人。

(4)女性。

(5)15歳未満の小児。

(6)排尿困難を伴う前立腺肥大のある人。

(7)前立腺検査※の結果,前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上の人(医師の判断に従うこと)。

※有効成分(テストステロン)は前立腺腫瘍を進行させるおそれがある。

a)特に50歳以上の男性は前立腺腫瘍の罹患率が高まるため,本剤のご使用前に前立腺検査を受ける必要がある。

b)継続的にご使用の人は定期的な検査を受ける必要がある。

c)検査の結果,異常があった場合には直ちに本剤のご使用を中止して,医師又は薬剤師に相談すること。

(8)睡眠時無呼吸症候群である人。

2.次の部位には使用しないこと

(1)目や目の周囲,粘膜(口腔,鼻腔等)。

(2)陰茎部先端(尿道口)。

(3)外傷,炎症,湿疹,ただれ,化膿などのある部位。

3.本剤を使用している間は,男性ホルモンを含んだいずれの医薬品も使用しないこと

4.使用者以外へ付着させないこと

(1)ご使用後は石鹸とぬるま湯で手を十分に洗うこと。

(2)本剤を使用者以外の人に付着させないように注意すること。付着した場合は直ちに洗い流すこと。

(3)塗布部が他の人と接触する可能性があるときは,塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流すこと。

■相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること

(1)医師の治療を受けている人。

(2)前立腺肥大ではあるが,排尿困難を伴わない人。

(3)薬や化粧品などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ等)を起こしたことがある人。

(4)重度の心臓病,腎臓病,肝臓病,高血圧またはその既往歴のある人。

2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

関係部位症状
皮膚(塗った所)発疹・発赤,はれ,かぶれ,かゆみ,水疱,にきび

3.1ヶ月くらい使用しても症状の改善がみられない場合は,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

4.誤った使い方をしてしまった場合は,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

◆当医薬品を購入する上で薬剤師、登録販売者に相談したいことがありましたらお問い合わせ内容を記載してください。

※相談内容がある場合は購入手続きまで出来ますが、相互に質問が無いことを確認後に販売、発送になります。ご了承ください。

特に無し ある

相談内容

このページの注意事項を読み、内容を理解したうえで購入します。
◆「してはいけないこと」に該当する項目はありません。
◆「相談すること」に該当する項目はありません。
◆ 用法・用量を守って使用します。
◆ 「使用者」が使用します。「使用者」以外の人に譲ったり、使わせたりしません。
◆ 購入した医薬品を販売いたしません。
注)上記に該当する場合には、相談内容を入力してください。

送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

営業中

現在担当しているのは・・・

  • 薬剤師

    山田陽子

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~16:00

  • 土曜日

    15:00~18:00

  • 日曜・祝日

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~16:00

  • 土曜日

    15:00~18:00

  • 日曜・祝日

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

送料無料
安全保障 新商品 使用期限
TOP