ただいま営業時間外

ナリピタン

ナリピタンは、小林製薬から販売されている耳なり、肩こりを改善する内服薬です。

特徴

気になる「耳なり」を治療する内服薬です。不快な耳なりの症状に悩む方へ、飲んで効く耳なり改善薬です。有効成分ニコチン酸アミド、パパベリン塩酸塩が、血行を改善し、ビタミンB群が加齢とともに衰えた神経の調子を整え、耳なり、肩こりを改善します。

製品の歴史

小林製薬は2007年9月12日から耳なり症状を改善する内服薬「ナリピタン」を全国の薬局・薬店で発売しました。耳なりは、老化や高血圧、貧血などの要因で、耳の奥の血行が悪くなり、聴覚細胞の調子が乱れ、音をつかさどる内耳組織が正常に働かなくなることで起きる症状です。
ナリピタンは有効成分ニコチン酸アミドとパパベリン塩酸塩が耳の内部の血行を改善。ビタミンB群が加齢と共に衰えた耳の神経の調子を整える。剤形は飲みやすい糖衣錠です。
同社の生活者調査(40~69歳男女3312人)によると、50代で14%、60代で21%に、週一回以上の耳鳴りを感じていることが分かっています。
2006年秋から中四国地区で先行発売し、06年4~9月には100万円台だった耳なり改善薬市場が10~3月には9000万円市場に拡大しました。

主要成分について

主要成分のニコチン酸アミド、カフェイン水和物、パパベリン塩酸塩、チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、クロルフェニラミンマレイン酸塩、アロエ末、アミノ安息香酸エチルが総合的に作用し、耳なり、肩こりなどの症状に効果をあらわします。

クロルフェニラミンマレイン酸塩
体内でヒスタミン受容体に働いてヒスタミンの作用を抑え、アレルギー症状を抑える「抗ヒスタミン薬」としては古くから使用されているものです。
アミノ安息香酸エチル
エステル型の局所麻酔薬の一種です。感覚神経を麻痺させ、痛みの伝達を遮断します。内服薬としては、胃の痛みや吐き気を抑えます。
ニコチン酸アミド
ビタミンの一種で、体の酸化還元反応にかかわっています。また、皮膚や粘膜を正常にたもつ働きや、血行をよくする作用もあります。
チアミン塩化物塩酸塩
ビタミンB1を補給するお薬です。栄養補給の目的で使用したり、神経痛や筋肉痛、関節痛、さらに腰痛や肩こりの治療に用いることがあります。
リボフラビン
ビタミンB2を補給するお薬です。ビタミンB2の不足による口内炎や口角炎、湿疹、ざ瘡(ニキビ)、結膜炎などに用いると効果的です。また、弱いながら血液のコレステロール分を下げる作用もあるので、高コレステロール血症の適応もあります。
カフェイン水和物
アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られています。興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつです。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示します。
アロエ末
アロエのアロインと呼ばれる成分が緑色の葉の裏に薄い層を作っています。このアロインは体内でアロエエモジンに変わります。アロインとアロエエモジンには、胃を丈夫にする健胃作用、便秘を解消させる瀉下作用が認められています。
パパベリン塩酸塩
胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。そのほか、血管を広げ、血流をよくする作用もあります。
送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

ただいま営業時間外

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

送料無料
TOP