ハイチオールB

ハイチオールBは、エスエス製薬から販売されているビタミンB2・B6主薬製剤です。

特徴

「ハイチオールB」はビタミンB2・B6とL-システインを配合したビタミン製剤です。肌と脂質の2つの代謝をたすけ、にきびや肌あれなどの肌トラブルや口内炎を改善します。

主要成分について

ハイチオールBの主要成分、L-システインが肌細胞の代謝を正常化します。また、ビタミンB2が脂質代謝に働き、ビタミンB6が肌細胞の機能維持をサポート。にきびや肌あれなどの肌トラブルや口内炎を改善します。

L-システイン
L-システインは「2-アミノ-3-スルファニルプロピオン酸」の一種で、肌の形成維持に必要なアミノ酸です。皮膚や髪の毛、爪などにも多く存在し、体の内側から代謝を助ける働きがありますが、日常の食事から多量に摂取する事がむずかしく、欠乏状態になりやすいため、「準必須アミノ酸」として取り扱われることもあります。皮膚の代謝を正常化して維持し、肌代謝(ターンオーバー)をサポートします。アレルギー反応を弱めるという効能もあり、湿疹や蕁麻疹、にきびなど、炎症を起こす皮膚科疾患(アレルギー性疾患)に対して処方される事が多く、副作用もほとんどありません。また、解毒作用・免疫機能の活性化の作用もあることから、放射線障害を原因とする白血球減少症に対しても処方されることもあります。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸はビタミンB5と呼ばれるビタミンの一種です。糖分や脂質、たん白質などの代謝にかかわるほか、皮膚を正常に保つ働きをします。
ピリドキシン塩酸塩
ピリドキシンは、ビタミンB6に分類される化合物のひとつです。アミノ酸の代謝や神経伝達に用いられ、赤血球生産を促進することと同時にナトリウムとカリウムのバランスをとることを助ける働きがあります。不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などの症状を生じます。たん白質の代謝や皮膚の抵抗力に関連があり、ニキビの予防効果があります。
リボフラビン酪酸エステル
ビタミンB2と呼ばれる水溶性ビタミンです。主に皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあり、病院等で、湿疹や皮膚炎、眼疾患などによく処方されています。
アスコルビン酸
栄養素ビタミンCとして働く、ラクトン構造を持つ有機化合物の一種で、食品に使われることも多々あります。タバコや紫外線、ストレスなどによって発生した活性酸素による酸化ダメージを防ぐ働きがあります。その他にも、コラーゲンの合成や腸で鉄分の吸収を高める働きもあり、ガン予防にも効果があるとされています。
送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

ただいま営業時間外

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

TOP