サンテ コンタクトレンズシリーズ

サンテ コンタクトレンズシリーズは、参天製薬から販売されている目薬です。

ラインナップ

サンテコンタクトレンズシリーズには現在、サンテコンタクト、ソフトサンティア、ソフトサンティアひとみストレッチ、サンテうるおいコンタクトa、サンテドライケアなど多数の商品がラインナップされています。

特徴

最近では、使い捨てコンタクトレンズが主流になりつつあり、清潔で快適なコンタクトレンズがたくさん出回っています。
しかし、どんな優秀なコンタクトレンズでも、目にとっては『異物』。
長時間使用したり、目を酷使したりすると『乾き感』『目への貼り付き感』『ゴロゴロした異物感』を感じることも多いはず。
サンテコンタクトレンズシリーズはそんなコンタクトレンズ使用中の違和感を素早く解消してくれます。

主要成分について

サンテコンタクトレンズシリーズは塩化ナトリウム、塩化カリウム、ポビドン、ビタミンB6、などの成分がそれぞれの用途に合わせ各商品に配合されています。
コンタクトレンズ装着時の不快感を素早く取り除きます。

シアノコバラミン
ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあります。抗悪性貧血因子として牛の肝臓中に発見されたビタミンで 、微生物以外では合成されないため、植物性食品にはほとんど含まれません。体内では、メチルコバラミンとアデノシルコバラミンが、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こることが知られています。
ピリドキシン塩酸塩
ビタミンB6 (vitamin B6) には、ピリドキシン (pyridoxine)、ピリドキサール (pyridoxal) およびピリドキサミン (pyridoxiamine) があり、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。
ネオスチグミンメチル硫酸塩
神経伝達物質のアセチルコリンは、毛様体に作用して水晶体の厚さを変化させることにより、光の屈折調整に関与しています。メチル硫酸ネオスチグミンは、コリンエステラーゼの働きを抑える作用を示し、毛様体におけるアセチルコリンの働きを助けることにより、目の調節機能を改善する効果を期待して、眼科用薬に配合されます。
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
コンドロイチン硫酸ナトリウムは動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種で、特に軟骨に多く含まれています。コンドロイチンに硫酸基が結合してコンドロイチン硫酸ナトリウムとなるのですが、その結びつき方によりAからEの5つの種類に分類されます。
コンドロイチン硫酸ナトリウムの主な特徴は、保水性と弾力性です。軟骨においてはタンパク質と結合してプロテオグリカンを形成しており、関節を守るためのクッション材としての役割を果たしています。そのため、関節の痛みをやわらげる成分として知られています。
L-アスパラギン酸カリウム
カリウムは体の主要な電解質です。細胞の機能や、体液のバランスをとるのに重要な役目をし、また臓器や筋肉の働きにもかかわっています。ふつう、不足しませんが、下痢や嘔吐が続くと減ってくることがあります。また、薬の副作用として「低カリウム血症」があらわれることがあります。カリウムが減ると、筋力の低下や便秘、場合によっては不整脈を起こします。

このお薬の有効成分はカリウムです。不足しているカリウム分を補うのに用います。ループ利尿薬(ラシックス等)やサイアザイド系降圧利尿薬(フルイトラン等)、あるいはジギタリス系の強心薬など 他の薬といっしょに飲むことが多いです。肝臓の薬のグリチルリチン製剤(強ミノ等)を大量に用いる場合にも、低カリウム血症の予防に処方されることがあります。
塩化カリウム
塩化カリウムは化学式 KCl で表されるカリウムの塩化物で、結晶格子は塩化ナトリウム型構造をとります。工業的には塩加・塩化加里とも呼称されます。
アメリカでは薬物による死刑執行時に使用する薬物としても知られます。
塩化ナトリウム
食塩の主成分。身近では家庭で使われる調味料として役立っているほか、工業的な資源としても重要で
塩素や塩酸、水酸化ナトリウムの原料として大量に消費されています。
天然に産するものとしては岩塩(塩の結晶)が存在します(ただし、元々は海水です)ほか、海水からイオン交換膜法によって生産されています。
ポビドン
ポビドンとはポリビニルピロリドン(PVP)という成分で、粘度を調整するために配合しています。ハミガキ剤などにも含まれる成分で、ヨウ素は含まれません。

※ポビドンと『ポビドンヨード』とは、成分が異なります。『ポビドンヨード』は、ポビドンとヨード(ヨウ素)の複合体で、ヨウ素を含みます。
アミノエチルスルホン酸(タウリン)
アミノエチルスルホン酸はアミンの一種で、栄養ドリンクでもお馴染みの『タウリン』という成分名でも知られています。タウリンには胆汁分泌促進作用があるので、肝機能改善を期待することができ、高ビリルビン血症の患者に処方されることがあります。『高ビリルビン血症』というのは、ヘモグロビン分子中のヘム部分がビリルビンと呼ばれる黄色い色素に変換された後に、スムーズに肝臓を経て代謝されずに血液中のビリルビン値が異常に高くなる病気で、目や皮膚に黄疸(おうたん)の症状が出やすくなります。『滋養強壮・疲労回復・眠気防止』などの効果もあるので、かぜ薬に配合されたり栄養補助ドリンクに配合されたりしますが、眼精疲労の回復の作用もあるので眼科で処方されることもあります。
送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

営業中

現在担当しているのは・・・

  • 登録販売者

    與良 正彦

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

送料無料
TOP