ただいま営業時間外

ラミシールシリーズ

ラミシールシリーズは、グラクソ・スミスクラインから販売されている水虫薬です。

ラインナップ

現在ラシミールシリーズにはラミシールプラスクリーム、ラミシールATクリーム、ラミシールキュアジェル、ラミシールAT液、ラミシールプラス液、ラミシールプラススプレーがあります。

特徴

ラミシールはテルビナフィン塩酸塩を主成分とするアリルアミン系の抗真菌薬で、真菌の一種である白癬菌に作用し、水虫・たむしの症状を抑える作用があります。ラミシールには錠剤の内服薬、クリーム、外用液、外用スプレーといった種類があり、水虫の症状によって使い分けることで高い効果が期待できます。

製品の歴史

2007年(平成19年)1月:第一三共ヘルスケアが発売していた水虫薬「ラミシールAT」の自社販売を開始しました。

主要成分について

ラミシールの有効成分は、テルビナフィン塩酸塩です。アリルアミン系の抗真菌薬として知られていて、強い抗真菌作用があります。皮膚真菌症の原因となる白癬菌やカンジダの増殖を抑えて、殺菌することができます。

テルビナフィン塩酸塩
強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、水虫の原因菌である白癬菌にくわえカンジダや癜風菌にも有効です。
いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください