大田 漢方胃腸薬シリーズ

大田 漢方胃腸薬シリーズは、太田胃散から販売されている胃腸薬です。

ラインナップ

漢方胃腸薬シリーズは顆粒タイプの「大田漢方胃腸薬II」と錠剤タイプの「大田漢方胃腸薬II錠剤」となっております。

特徴

大正漢方胃腸薬は、ふだんから胃腸が弱く、食後胃にいつまでも食物が停滞しがちなタイプの人で、また時折胃がしくしく痛むような現代人に適した漢方胃腸薬です。
中国の漢方の知恵に基づいて研究してつくられた胃腸薬で、胃のもたれ・不快感、胃炎、胃痛をはじめげっぷや食欲不振、腹部膨満感など胃腸の諸症状の改善に効果的です。

主要成分について

自律神経の乱れを改善する漢方処方「安中散」に、精神安定作用がある生薬「ブクリョウ」を加えることで、ストレスに対する効果をさらに高めています。

安中散加茯苓末
この漢方処方は「太平恵民和剤局方」、「聖済総録」に見られ、「安中」の「中」とは中焦すなわち胃腸を意味し、胃腸の各種症状を
和らげる漢方処方と名付けられました。

太平恵民和剤局方によれば「本方は慢性、急性を問わず胃に痛みを発し、胃の内容物、胃液の嘔吐が見られます。
これは胃に寒があり、寒が原因で停滞蓄積した食物を消化せず、腹が張り、刺すような痛みを発し、悪心、吐き気、嘔吐を起こします。
病人の顔色は悪く、黄色味帯び、倦怠感を訴える症状に良い。又,婦人の月経痛が加わり,下腹部から腰にかけての痛みにも良い」と
記載されています。

勿誤薬室方函口訣によれば「この方は胃拡張、胃下垂の主薬ですが、嘔吐がはなはだしい人に用いてはいけません。
痛みがある人には効果があります。胃拡張や胃癌などに用いる場合も腹痛がある場合を目的として用いなさい。又、婦人の月経痛からくる下腹部から腰にかけて神経性の痛みにも効果があります。」と記載されています。(男性でも差し支えは無いです)
安中散料加茯苓エキス
「安中散加茯苓(アンチュウサンカブクリョウ)」は、漢方の古典といわれる中国の医書「和剤局方」に収載されている薬方です。
体力中等度以下で、腹部は力がなくて、神経過敏で胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う方の神経性胃炎、慢性胃炎、に効果があります。
送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

営業中

現在担当しているのは・・・

  • 薬剤師

    山田 陽子

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

送料無料
TOP