ストナ漢方かぜフルー

ストナ漢方かぜフルーは、佐藤製薬から販売されている風邪薬です。

特徴

「ストナ漢方かぜフルー」は「竹茹温胆湯(チクジョウンタントウ)」をのみやすい顆粒にした漢方薬です。
体力中等度の方のかぜ・インフルエンザなどの回復期に長びく熱や、平熱になっても咳、たんが多くて安眠できない場合に効果をあらわします。

主要成分について

ストナ漢方かぜフルーの主要成分は「竹茹温胆湯エキス」になります。この成分が作用してかぜやインフルエンザの回復期に残る熱や、長引く症状に効果をあらわします。

竹茹温胆湯エキス
竹じょ温胆湯(チクジョウンタントウ)という方剤です。
治りきらないカゼの諸症状をやわらげ、体力の回復を助けます。
また、神経の高ぶりやイライラ感をしずめ、寝つきをよくます。体が弱っているときに向く処方です。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。
竹じょ温胆湯は、方剤名の“竹じょ”をはじめ下記のようなたくさんの生薬からなります。
主薬の“竹じょ”は降性の生薬で、熱や咳、吐き気、あるいは神経の高ぶりを降下し鎮める作用があるといわれます。

言いかえれば、解熱作用、鎮咳作用、鎮吐作用、鎮静作用などが期待できるわけです。
“半夏”と“枳実”も降性で、主薬の作用を引き出し補強します。
“麦門冬”、“桔梗”、“陳皮”は、漢方の代表的な去痰薬で、痰や膿を出しやすくします。

そのほか、熱や炎症をさます“柴胡”や“黄連”、滋養・強壮作用の“人参”、痛みを発散させる“香附子”などが含まれます。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。
病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

“竹じょ”を主薬とする温胆湯をベースに、“麦門冬”や“柴胡”、“人参”などを加えて創製した方剤です。
明時代の「万病回春」という古典書で紹介されている処方です。
適応証(体質)は、虚証(虚弱)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)となります。

持病のある人は処方をされる前に、医師に伝えておきましょう。
市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。
飲み合わせに注意..甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)、利尿薬など。


インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また平熱になっても、気分がさっぱりせず、せきや痰が多くて安眠が出来ない症状にに効果的です。
漢方薬にも少しは副作用があります。人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなるかもしれません。しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。

重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。
複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。
送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

ただいま営業時間外

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

送料無料
TOP