オイラックス

オイラックスは、第一三共ヘルスケアから販売されている皮膚薬です。

ラインナップ

オイラックスシリーズはオイラックスA、オイラックスPZ軟膏、オイラックスPZクリーム、オイラックスデキサS軟膏、オイラックスソフト、オイラックス潤乳液をラインナップしています。

特徴

オイラックスの特徴は、かゆみを抑える作用に優れることと、かゆみを抑える機序が他のかゆみ止めと異なる独特なものであることが挙げられます。
代表的なかゆみ止めの作用というのは、抗アレルギー剤のようにアレルギー反応を抑えることでかゆみを取ったり、麻酔作用によって感覚を鈍くしてかゆみを抑えたりするものが主です。
しかしオイラックスはこれらのかゆみ止めとは作用機序が根本的に異なります。オイラックスは温覚に対しての刺激作用を持っており、皮膚に塗るとヒリヒリするような感覚があるのですが、このヒリヒリ感を生じさせることでその分かゆみを感じにくくさせる、という作用なのです。
オイラックスのヒリヒリ感という刺激がかゆみと競合することでかゆみ改善として作用するため、オイラックスは「競合的刺激性止痒剤」とも呼ばれています。

製品の歴史

オイラックスクリーム(一般名:クロタミトン)は1957年から発売されている鎮痒薬です。本剤は様々なかゆみに効く「家庭の常備薬」として使用されている皮膚用薬です。皮膚症状の程度に応じて使用してもらうため、シリーズとして「オイラックスA」「オイラックスPZ軟膏・クリーム」「オイラックスデキサS軟膏」をラインナップしています。
そして、新たに2008年に発売されたオイラックスソフトには、オイラックスシリーズに共通して配合されている鎮痒成分クロタミトンをはじめ、抗ヒスタミン成分、抗炎症成分、組織修復成分、殺菌成分などが配合されています。

主要成分について

オイラックスシリーズの主要成分は、クロタミトン、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、グリチルレチン酸、ジフェンヒドラミン塩酸塩、アラントイン、イソプロピルメチルフェノールになります。これらの成分が総合的に作用し、かゆみを抑えます。

尿素
尿素の用途として、保湿クリームなどとして広く使われており、ホルムアルデヒド (HCHO) と反応させることで尿素樹脂(ユリア樹脂)も得ることが出来ます。
ジフェンヒドラミン
ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。カゼや花粉症をふくめ、アレルギーにもとづくクシャミや鼻水、じんま疹やかゆみなどに有効です。
グリチルレチン酸
甘草から得られるグリチルリチン酸の加水分解によって得られるβ-アミリン(オレアナン)系の五環式テルペノイド誘導体の一つです。アロエやキニーネのような薬品の苦味を緩和するための調味料として用いられます。
クロタミトン
皮膚に軽いしゃく熱感を生じさせ、その刺激により“かゆみ”が打ち消されると考えられています。作用はおだやかで、副作用も少ないです。
送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

ただいま営業時間外

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

送料無料
TOP