ツムラ 麦門冬湯(ばくもんどうとう)

特徴

痰の少ない乾咳であることを条件に、咳の治療に広く用いられています。漢時代の「金匱要略」という古典書で紹介されている処方です。適応証(体質)は、中間証~虚証(体力中くらい以下)、燥証(乾燥)となります。

製品の歴史

1986年10月ツムラより販売開始されました。

主要成分について

ツムラ 麦門冬湯(ばくもんどうとう)の主要成分は日局バクモンドウになります。主薬の麦門冬は、大量に使うことにより肺胃の乾燥からおこる咳や痰などの諸症状を緩和させます。人参、甘草、粳米、大棗は、消化機能を整えながら衰えた気力・体力を補ったり、総合で痰を切れやすくさせます。半夏が入ることにより麦門冬の粘着性が緩和され、また麦門冬が半夏の乾燥性をカバーし、相乗効果で咳止めや止嘔作用も期待できます。

送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

ただいま営業時間外

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~15:30

  • 日曜

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

内科

TOP