救心カプセル

【第2類医薬品】

救心カプセル 救心カプセル

バリエーション

  • 救心カプセル 10カプセル

    在庫なし

  • 救心カプセル 30カプセル

    在庫なし

メーカー希望価格:1,540円 公式ページ

メーカー希望価格:4,180円 公式ページ

仕様・注意事項

効能・効果

息切れ,動悸,気つけ

保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと

消費者相談窓口

会社名:救心製薬株式会社
問い合わせ先:救心お客様相談室
電話:0120-935-810
受付時間:9:00〜12:00,13:00〜17:00(土,日,祝日,弊社休業日を除く)
その他:03-5385-3211(代表)

製造販売会社

救心製薬

用法・用量

朝夕および就寝前に水またはお湯で服用すること

  • 年齢
  • 1回量
  • 服用回数
  • 大人(15才以上)
  • 1カプセル
  • 1日3回
  • 15才未満
  • 服用しないこと

使用上の留意点

(1)カプセルをかんだり,中身を取り出したりせずに,そのまま服用すること
(2)カプセルの取り出し方:カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用すること(PTPシートを誤ってそのままのみ込んだりすると,食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

成分・分量

3カプセル中

  • センソ
  • 5mg
  • ゴオウ
  • 5mg
  • ジャコウ
  • 1mg
  • ニンジン
  • 25mg
  • レイヨウカク末
  • 6mg
  • 真珠
  • 7.5mg
  • リュウノウ
  • 2.7mg
  • 動物胆
  • 8mg

添加物

乳糖,トウモロコシデンプン,パラベン,ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム

注意事項

■してはいけないこと

〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる〕

本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと

他の強心薬

■相談すること

1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

(1)医師の治療を受けている人

(2)妊婦または妊娠していると思われる人

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

  • 関係部位
  • 症状
  • 皮膚
  • 発疹・発赤,かゆみ
  • 消化器
  • 吐き気・嘔吐

3.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

※購入前に必ずお読みください

救心カプセルのみんなの質問

Q. 最近残業が続いていて、きちんと寝ているのに疲れが取れません。時々動悸がして、ごくたまにめまいもします。だるくて気が乗らないし、昔は平気だったようなちょっとしたことで立ちくらみしたり、息切れしたりしてしまいます。これって更年期でしょうか?こういった症状に「救心カプセル」はききますか?
(48歳女)

はい。ストレスや不安感、更年期などが原因で自律神経系が乱れ、加齢や過労などで身体機能が低下してくると、息切れや動悸などの症状が起こりやすくなります。「救心カプセル」は、循環器系、神経系に効果的に働く「センソ」、「ゴオウ」、「ジャコウ」、「ニンジン」、「レイヨウカク末」、「シンジュ」、「リュウノウ」、「ドウブツタン」などの生薬が配合されており、それらの症状を改善します。

「センソ」は心筋の収縮力を高め、血液循環をよくし、余分な水分を排泄し、心臓の働きを助けます。「ゴオウ」は末梢循環を改善し、心臓の働きを助け、「ジャコウ」は呼吸機能を高め、全身の酸素不足を改善します。「ニンジン」は強壮作用により気力を高め、「シンジュ」と「レイヨウカク末」が鎮静作用によりストレスなどからくる神経の緊張を和らげます。「リュウノウ」は、気力や意識の減退を回復させ、「ドウブツタン」は消化器の働きをよくし、他の成分の吸収を助けます。これらの生薬の働きにより、息切れやどうき、立ちくらみやめまいなどの気つけに効果的に作用します。

Q. 「救心カプセル」はどのくらい飲めば症状が改善しますか? もともと薬を飲むのが苦手です。生薬の独特の味が苦手というのもありますし、持ち歩いて薬を飲むのが面倒くさかったりもするのですが・・・。

「救心カプセル」の用量は、15才以上の大人の方で、1回1カプセルです。1日3回、朝、夕と就寝前に水またはお湯で服用してください。自然の生薬の働きで、自律神経のバランスを整え、血の巡りを良くして体調を整えます。

小型のカプセル剤で、胃の中ですぐに崩壊し、薬効成分がすみやかに吸収されるので、生薬の苦みも気にならないと思います。また、PTP包装になっているので、携帯に便利です。薬を飲むのが苦手な方に向いているお薬だと言えるでしょう。

Q. 「救心カプセル」を服用した後に、皮膚が痒くなったり、赤くなったりすることがあるのですが、これって副作用でしょうか?服用を続けても問題ないでしょうか?それとも一旦、服用をやめたほうがいいですか?「救心カプセル」に副作用はありますか? (42歳女)

服用後に皮膚の発疹、発赤、かゆみ、吐き気や嘔吐などの症状が出た場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、商品添付文書を持って、服用前に医師、または薬剤師、登録販売者に相談してください。また、5〜6日服用しても症状が良くならない場合も服用を中止し、商品添付文書を持って、服用前に医師、または薬剤師、登録販売者に相談してください。

医師の治療を受けている人や妊婦または妊娠していると思われる人は、「救心カプセル」を服用前に医師、または薬剤師、登録販売者に相談するようにしてください。

詳細を見る

こんなことで悩んでいませんか?

どうき(動悸)・息切れ・気つけ

在庫

×なし

お気に入り

在庫

×なし

お気に入り

その他のシリーズ

よく一緒に見られている商品