トラフル軟膏PROクイック
指定第2類医薬品

軟膏

37025g

在庫:7個 (有効期限1008日以上)
メーカー価格:¥900

1,005

(税込¥1,085)

個で

 

合計金額:1,005

売り切れ

濫用のおそれあり
ステロイド配合
抗生物質配合
ピリン系
ご使用方法年齢性別を指定
  • 特徴・効能・効果
  • 用法・用量
  • 成分・分量・添加物
  • 保管および取扱上の注意
  • 消費者相談窓口・販売元
特徴

こんな口内トラブル,ありませんか?
□しみて美味しく食事がとれない
□痛くてしゃべるのがつらい
□気になって仕事に集中できない

トラフル軟膏PROクイックの特徴
●すぐれた効き目の抗炎症成分トリアムシノロンアセトニド(ステロイド成分)を配合。
●患部に直接作用して炎症や痛み,はれをしずめ,つらい口内炎を治します。
●密着して患部をカバーする軟膏タイプのお薬です。

「口内炎(アフタ性)」とは
頬の内側や舌,唇の裏側になどに,周りが赤っぽく,中央部が浅くくぼんだ白っぽい円形の痛みを伴う浅い小さな潰瘍(直径10mm未満)が1〜数個できた炎症の総称です。栄養摂取の偏り,疲労,睡眠不足,ストレス等が関与すると言われていますが,原因は明確ではありません。

口内炎予防アドバイス
 ○栄養バランスのとれた食事を心がける
 ○夜更かしや不規則な生活をしないようにする
 ○ストレスや疲労をためないようにする
 ○アルコール,たばこ,刺激物をなるべく控える
 ○ガムや飴などで唾液を分泌させ,口の中の乾燥を防ぐ
 ○食後は歯磨きをして口の中を清潔にする

効能・効果

口内炎(アフタ性)

本剤が対象とする「口内炎(アフタ性)」は,頬の内側や舌,唇の裏側などに,周りが赤っぽく,中央部が浅くくぼんだ白っぽい円形の痛みを伴う浅い小さな潰瘍(直径10mm未満)が1〜数個できた炎症の総称です。

1日1〜数回,適量を患部に塗布して下さい。

  • <用法・用量に関連する注意>
    1.用法・用量を厳守して下さい。
    2.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
    3.本剤は口腔用にのみ使用し,口腔用以外には使用しないで下さい。
    4.痛みが治まったら使用を終了して下さい。
    5.塗布後はしばらく飲食を避けて下さい。
    6.入れ歯の接着など治療以外の目的に使用しないで下さい。

    トラフル軟膏PROクイックの使い方
    1.本剤を使用する前に手を洗い,口をすすいできれいにして下さい。
    2.本剤を,患部におおいかぶせるように塗布して下さい。
    3.塗布した後は,なるべく患部をさわらないようにして下さい。

    <チューブの開け方>
    キャップを逆向きにし,中にある突起部をチューブの口に深く差込み,穴を開けて下さい。

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

100g

トリアムシノロンアセトニド

0.1g

添加物

グリセリン,ゲル化炭化水素,ポリアクリル酸Na,ヒプロメロース,硬化油,カルメロースNa,l-メントール,サッカリンNa

第一三共ヘルスケア株式会社
お客様相談室
 〒103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10
 電話:0120-337-336
 受付時間:9:00〜17:00(土,日,祝日を除く)
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

販売元
第一三共ヘルスケア 商品公式ページ
トラフル軟膏PROクイックでよくある質問
効果について
Q.ただの口内炎だと思って妻の口の中を見せてもらったら、血の塊のような赤黒い突起物があったので、驚いています。早く治したいのですが、トラフル軟膏PROクイックでも効き目が期待できますか? (38歳男性)
A.はい。トラフル軟膏PROクイックは口内炎に効果的です。トラフル軟膏PROクイックの唯一の有効成分トリアムシノロンアセトニドはステロイドのお薬です。ステロイドには炎症をしずめる強い作用があります。短期間で皮膚炎を抑えることが可能で、痛みを和らげます。ステロイド外用薬の強さは最も強い1群から、弱い5群の5段階にランク付けされ、トリアムシノロンアセトニドは4群[中程度]に分類されます。
回答日:'17/3/12
Q.誤って口の中を噛んでしまい、唇の裏の端辺りに口内炎ができてしまいました。特に食事の時には食べ物が当たって、とても辛いです。トラフル軟膏PROクイックで酷い口内炎にも効果ありますか? (34歳男性)
A.トラフル軟膏PROクイックは口内炎に効果を発揮しますので、お試しになることをお勧め致します。
トラフル軟膏PROクイックは、患部に密着してカバーする軟膏タイプの医薬品で、すぐれた効き目の抗炎症成分などが配合されております。

口内炎を早く治すには、口の中の細菌の繁殖を抑える必要があります。そのため、トラフル軟膏PROクイックを使用するだけではなく、殺菌・消毒効果のあるうがい薬も有効です。
回答日:'17/3/12
用法について
Q.原因はわからないのですが、カンジダ性口内炎があらわれてきました。トラフル軟膏PROクイックはカンジダ性口内炎にも効果が期待できるのでしょうか? (40歳女性)
A.ガーゼなどで擦ると容易にはがすことのできる白斑が口腔内全体に広がっているなどのカンジダ性口内炎が疑われる人は、トラフル軟膏PROクイックの使用は控えましょう。
また、細菌感染症やウイルス感染症などの感染性の口内炎が疑われる人は、まずは医師や歯科医師、薬剤師に相談して下さい。そして適切な診療を受けてください。
回答日:'17/3/12
Q.歯槽膿漏の治療をしていますが、だいぶ歯茎がしみます。歯槽膿漏とは関係はないと思いますが、ここ数日前に口内炎ができて、痛みがあります。トラフル軟膏PROクイックを使っても問題ないですか? (31歳男性)
A.歯槽膿漏や歯肉炎等の口腔内感染がある部位にはトラフル軟膏PROクイックを使用しないで下さい。なぜなら、トラフル軟膏PROクイックにはステロイドが配合されておりますが、ステロイド剤の使用により感染症が悪化したとの報告があるためです。

また、トラフル軟膏PROクイックを5日間使用しても症状の改善がみられない場合や1~2日間使用した後に症状の悪化がみられる場合も使用を中止してください。そして、トラフル軟膏PROクイックの文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
回答日:'17/3/12
副作用について
Q.私は頻繁に口内炎になるので、いつも困っています。出来る限りお薬を使わないようにと思っているのですが、今回のはとても痛いのでトラフル軟膏PROクイックを使用と思います。ただ、トラフル軟膏PROクイックにはどの様な副作用があるのか気になるので、教えてください。 (26歳女性)
A.白斑や患部に黄色い膿ができる、アレルギー症状があらわれるなどの症状がトラフル軟膏PROクイックの発売元の製薬会社から公表されています。これらの症状があらわれた場合、副作用の可能性が考えられます。すぐにトラフル軟膏PROクイックの使用を中止し、添付文書を持って歯科医師に相談して下さい。

また、発熱、食欲不振、全身倦怠感、リンパ節の腫脹、水疱(口腔内以外)、発疹・発赤、かゆみ、口腔内の患部が広範囲に広がる、目の痛み、かすみ目、外陰部潰瘍などの症状があらわれた場合は、感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われます。十分ご注意の上、使用してください。
回答日:'17/3/12

必ずお読みください! 医薬品をご購入の方へ

商品名:トラフル軟膏PROクイック【指定第2類医薬品】

これは医薬品です。ご購入の前に、ご自身で必ず注意書き等をお読みになり、内容について了承したうえで、ご注文ください。 この商品は通販できるみんなのお薬が販売しています。 ご不明点、ご質問は、 通販できるみんなのお薬までご連絡ください。

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)

次の人は使用しないで下さい。

(1)感染性の口内炎が疑われる人(医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい)

・ガーゼなどで擦ると容易にはがすことのできる白斑が口腔内全体に広がっている人

(カンジダ感染症が疑われます)

・患部に黄色い膿がある人(細菌感染症が疑われます)

・口腔内に米粒大〜小豆大の小水疱が多発している人,口腔粘膜以外の口唇,皮膚にも水疱,発疹がある人(ウイルス感染症が疑われます)

・発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹などの全身症状がみられる人

(ウイルス感染症が疑われます)

(2)口腔内に感染を伴っている人

(ステロイド剤の使用により感染症が悪化したとの報告があることから,歯槽膿漏,歯肉炎等の口腔内感染がある部位には使用しないで下さい)

(3)5日間使用しても症状の改善がみられない人
(4)1〜2日間使用して症状の悪化がみられる人

■相談すること

1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)高齢者
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)患部が広範囲にある人

2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

関係部位
症状
口腔内
白斑(カンジダ感染症が疑われる),患部に黄色い膿がある(細菌感染症が疑われる)
その他
アレルギー症状(気管支喘息発作,浮腫等)

3.使用後,次の症状があらわれた場合には,感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われますので使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹,水疱(口腔内以外),発疹・発赤,かゆみ,口腔内の患部が広範囲に広がる,目の痛み,かすみ目,外陰部潰瘍

◆当医薬品を購入する上で薬剤師、登録販売者に相談したいことがありましたらお問い合わせ内容を記載してください。

※相談内容がある場合は購入手続きまで出来ますが、相互に質問が無いことを確認後に販売、発送になります。ご了承ください。

特に無し ある

相談内容

このページの注意事項を読み、内容を理解したうえで購入します。
◆「してはいけないこと」に該当する項目はありません。
◆「相談すること」に該当する項目はありません。
◆ 用法・用量を守って使用します。
◆ 「使用者」が使用します。「使用者」以外の人に譲ったり、使わせたりしません。
◆ 購入した医薬品を販売いたしません。
注)上記に該当する場合には、相談内容を入力してください。

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

TOP