パイロン 溶かしてのむかぜ薬
指定第2類医薬品

粉末・顆粒

38366包

6

在庫:4個 (有効期限704日以上)
メーカー価格:¥1,219

944

(税込¥1,020)

個で

 

合計金額:944

売り切れ

濫用のおそれあり
ステロイド配合
抗生物質配合
ピリン系
ご使用方法年齢性別を指定
  • 特徴・効能・効果
  • 用法・用量
  • 成分・分量・添加物
  • 保管および取扱上の注意
  • 消費者相談窓口・販売元
特徴

◇お湯または水に溶かしてのむ服用しやすいレモン味のかぜ薬です。
◇解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンをはじめ、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりをおさえる抗ヒスタミン剤と2種類の鎮咳剤に加え、発熱で失われやすいビタミンCや、去痰作用のある生薬のカンゾウエキスを配合し、かぜの諸症状を緩和します。

効能・効果

かぜの諸症状(悪寒、発熱、のどの痛み、せき、たん、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

  • 成人(15才以上)
  • 1包
  • 3回
  • 15才未満
  • 服用させないこと

(1)直射日光の当らない湿気の少ない、涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変化します)
(4)本剤は吸湿しやすい製剤です。1包を開封後は速やかに服用してください。また、開封状態で置いておくと粒が変色することがあります。変色した場合は服用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。

3包(4g×3)中

アセトアミノフェン

900mg

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩

3.5mg

ジヒドロコデインリン酸塩

24mg

dl-メチルエフェドリン塩酸塩

60mg

無水カフェイン

75mg

アスコルビン酸(ビタミンC)

500mg

カンゾウ乾燥エキス

70mg

(原生薬換算量500mg)

添加物

アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、クエン酸、白糖、D-ソルビトール、ポビドン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、香料

会社名:シオノギヘルスケア株式会社「医薬情報センター」
電話:大阪06-6209-6948、 東京03-3406-8450
受付時間:9時〜17時(土、日、祝日を除く)

販売元:シオノギヘルスケア
商品公式ページ
でよくある質問
効果について
Q.38.5℃の熱が出て、頭はクラクラして少し気持ち悪く、鼻水が止まらない状態です。パイロン 溶かしてのむかぜ薬を飲めば高熱と鼻水の両方を解消できますか? (26歳男性)
A.はい。パイロン 溶かしてのむかぜ薬は風邪による高熱や鼻水などに効果を発揮する医薬品です。
パイロン 溶かしてのむかぜ薬には7種類の有効成分が配合されていますので、簡単にご紹介いたします。

アセトアミノフェン:熱を下げ、痛みをおさえます。
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:くしゃみ、鼻みず、鼻づまりをおさえます。
ジヒドロコデインリン酸塩:せきをしずめます。
dl-メチルエフェドリン塩酸塩:せきをしずめ、たんの切れをよくします。
無水カフェイン:痛みをおさえるはたらきを助けるほか、頭痛をやわらげます。
アスコルビン酸(ビタミンC):かぜのときに消耗しやすいビタミンCの補給をします。
カンゾウ乾燥エキス:たんの切れをよくします。
回答日:'17/7/29
Q.私はしょっちゅう、風邪を引き体調を崩します。節々が痛くなって一週間位、体が辛いことが良くあります。パイロン 溶かしてのむかぜ薬を初めて試してみようと思いますが、効果が期待できますか? (24歳女性)
A.パイロン 溶かしてのむかぜ薬は風邪による関節の痛みや筋肉の痛みの解消に効果的です。
パイロン 溶かしてのむかぜ薬の特徴は、発熱で失われやすいビタミンCを配合している点とレモン味で飲みやすい設計になっている点です。

そして、かぜの症状を長引かせないためには、上手に体温を上げるのがポイントです。体温が上昇すると免疫力が活性化されます。身体を温めて免疫力を向上させれば、ウイルスが体内深くに侵入し脳の体温の調整機能が発熱を促す前にウイルスを撃退することができます。悪寒など、身体の異変を感じたら、身の回りを温かく保つことを心がけましょう。
回答日:'17/7/28
用法について
Q.今年68歳になります。昨日から風邪をひいてしまい、熱だけではなく鼻水やくしゃみが止まらなくて困っています。早めに治したいので息子夫婦からもらったパイロン 溶かしてのむかぜ薬を飲もうと思いますが、高齢者でも飲んで平気ですか? (68歳男性)
A.高齢(一般的に65歳以上)の方がパイロン 溶かしてのむかぜ薬を服用する際には、まずは服用前にかかりつけの医師や薬剤師に相談して下さい。パイロン 溶かしてのむかぜ薬を飲むことが問題ないか判断をしてもらいましょう。

また、下記の条件に当てはまっているか確認してください。もし該当している場合は服用前に医師などに相談が必要です。
薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人や高熱、排尿困難の症状のある人、甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障の診断を受けている人です。

安全に服用いただくためにも重要な事ですので、守ってください。
回答日:'17/7/29
Q.2日前から頭痛だけではなく、寒気や吐き気、だるさがあります。風邪をひいて高熱もあります。現在、妊娠しているのですが、パイロン 溶かしてのむかぜ薬を飲んでも良いのか分からないので、ぜひ教えてください。 (24歳女性)
A.妊婦または妊娠していると思われる場合は、パイロン 溶かしてのむかぜ薬を服用する際には、事前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談下さい。
これらの注意事項をよく理解した上で、パイロン 溶かしてのむかぜ薬を服用しましょう。安全に服用いただくために重要な事項です。
回答日:'17/7/29
副作用について
Q.パイロン 溶かしてのむかぜ薬を飲み始めてから食欲が少なくなったように感じています。パイロン 溶かしてのむかぜ薬は効果を感じているので、飲み続けたいのですが、飲み続けても問題ないのでしょうか? (21歳女性)
A.パイロン 溶かしてのむかぜ薬を飲んで食欲不振になっているとのことですので、パイロン 溶かしてのむかぜ薬の副作用の可能性が考えられます。いったん服用を中止し、パイロン 溶かしてのむかぜ薬の文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談下さい。

また、食欲不振以外には発疹・発赤、かゆみ吐き気・嘔吐、めまい、排尿困難、過度の体温低下などの症状も発売元の製薬メーカーから報告されております。まれにアナフィラキシーショックなどの重篤な症状がおこることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
回答日:'17/7/29

必ずお読みください! 医薬品をご購入の方へ

商品名:パイロン 溶かしてのむかぜ薬【指定第2類医薬品】

これは医薬品です。ご購入の前に、ご自身で必ず注意書き等をお読みになり、内容について了承したうえで、ご注文ください。 この商品は通販できるみんなのお薬が販売しています。 ご不明点、ご質問は、 通販できるみんなのお薬までご連絡ください。

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください

(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人
(2)本剤または他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人

2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください

他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬など)

3.服用後、乗物または機械類の運転操作をしないでください(眠気などがあらわれることがあります)

4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください

5.服用前後は飲酒しないでください

6.長期連用しないでください

■相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

(1)医師または歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
(5)次の症状のある人

高熱、排尿困難

(6)次の診断を受けた人

甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障、呼吸機能障害、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、肥満症

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

関係部位
症状
皮膚
発疹・発赤、かゆみ
消化器
吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系
めまい
泌尿器
排尿困難
その他
過度の体温低下

まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称
症状
ショック(アナフィラキシー)
服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症
高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり、急激に悪化する。
肝機能障害
発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。
腎障害
発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢などがあらわれる。
間質性肺炎
階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱などがみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
ぜんそく
息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しいなどがあらわれる。
再生不良性貧血
青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿などがあらわれる。
無顆粒球症
突然の高熱、さむけ、のどの痛みなどがあらわれる。
呼吸抑制
息切れ、息苦しさなどがあらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

便秘、口のかわき、眠気

4.5〜6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

◆当医薬品を購入する上で薬剤師、登録販売者に相談したいことがありましたらお問い合わせ内容を記載してください。

※相談内容がある場合は購入手続きまで出来ますが、相互に質問が無いことを確認後に販売、発送になります。ご了承ください。

特に無し ある

相談内容

このページの注意事項を読み、内容を理解したうえで購入します。
◆「してはいけないこと」に該当する項目はありません。
◆「相談すること」に該当する項目はありません。
◆ 用法・用量を守って使用します。
◆ 「使用者」が使用します。「使用者」以外の人に譲ったり、使わせたりしません。
◆ 購入した医薬品を販売いたしません。
注)上記に該当する場合には、相談内容を入力してください。

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

TOP