集中できない、声が聞き取りづらいなど耳なり、肩こりに効く

ナリピタン

指定第2類医薬品

メーカー希望価格: 2,200

公式ページ

  • 90錠

    在庫なし

使用期限:6カ月以上の商品を送付いたします。

お悩み・目的からほかの商品を探す

仕様・注意事項

効能・効果

耳鳴症,皮膚炎,じんましん,にきび,吹出物,肩こり

保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
(6)乾燥剤は服用しないこと

消費者相談窓口

会社名:小林製薬株式会社
問い合わせ先:お客様相談室
電話:0120-5884-01
受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
その他:ホームページhttp://www.kobayashi.co.jp

製造販売会社

小林製薬

用法・用量

次の量を食後に水又はお湯で服用してください

  • 年齢
  • 1回量
  • 服用回数
  • 大人(15才以上)
  • 2〜3錠
  • 1日3回
  • 15才未満
  • 服用しないこと

使用上の留意点

(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸湿しやすいため,服用のつどキャップをしっかりしめること
●15才未満は服用しないこと

成分・分量

9錠中

  • ニコチン酸アミド
  • 180mg
  • カフェイン水和物
  • 180mg
  • パパベリン塩酸塩
  • 45mg
  • チアミン塩化物塩酸塩
  • 90mg
  • リボフラビン
  • 9mg
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • 18mg
  • アロエ末
  • 18mg
  • アミノ安息香酸エチル
  • 270mg

添加物

アラビアゴム末,カオリン,ケイ酸マグネシウム,セラック,ゼラチン,タルク,炭酸カルシウム,デキストリン,白糖,バレイショデンプン,ヒマシ油,黄色4号(タートラジン)

注意事項

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)

1.次の人は服用しないこと

15才未満の小児

2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないこと

他の乗物酔い薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬,アレルギー用薬など)

3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと(眠気等があらわれることがある)

4.長期連用しないこと

■相談すること

1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

(1)医師の治療を受けている人

(2)妊婦又は妊娠していると思われる人

(3)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人

(4)今までに他の抗ヒスタミン剤,乗物酔い薬,かぜ薬,鎮咳去痰薬などによりアレルギー症状(例えば,発疹・発赤,かゆみ等)を起こしたことがある人

(5)次の症状のある人:排尿困難

(6)次の診断を受けた人:緑内障(例えば,目の痛み,目のかすみ等),心臓病

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

  • 関係部位
  • 症状
  • 皮ふ
  • 発疹・発赤,かゆみ
  • 泌尿器
  • 排尿困難
  • 循環器
  • 血圧上昇

まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること

  • 症状の名称
  • 症状
  • 再生不良性貧血
  • 青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮ふや粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる
  • 無顆粒球症
  • 突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる

3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること:口のかわき,眠気,便秘,下痢

4.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

※購入前に必ずお読みください

ナリピタンのみんなの質問

Q. 耳鳴りから来る、肩こりは「ナリピタン」で治りますか?それとも肩こりはやはり湿布とかですか? (48歳男)

ナリピタンは、気になる耳鳴りや、肩こりを改善する耳の内服薬です。有効成分である、ニコチン酸アミドと、パパベリン塩酸塩が、血行、血流を改善し、ビタミンB群が加齢とともに衰えた神経の調子を整え、耳鳴り、肩こりを改善してくれます。

Q. 耳鳴りに悩まされている66のバーバです。耳鳴りがヒドい時は量を増やしてもいいでしょうか?飲み方を教えて頂けますでしょうか? (66歳女)

症状が酷い場合でも、副作用が出てしまったり、症状が悪化してしまう恐れがございますので、ナリピタンの用法はお守り下さい。ナリピタンの用法としては、成人(15才以上)は、1回2~3錠、1日3回毎食後に、水またはぬるま湯と一緒に服用してくださいに服用してください。15才未満の小児 服用しないでください。

Q. ナリピタンの副作用を教えて下さい。最近ナリピタンを飲み始めたのですが、自分には合っていないらしく飲んで、しばらくすると発疹の様な物が出来てしまいます。 (63歳男)

ナリピタンの副作用は用法を守っていれば大変少ないとされています。しかし稀に、個人差によっては副作用が出てしまう方がいらっしゃいます。服用後、「発疹・発赤」「かゆみ」「排尿困難」「血圧上昇」などの症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、て医師、薬剤師または登録販売者にご相談下さい。

詳細を見る

  • ナリピタン

    在庫なし

よく一緒に見られている商品