営業中(即日発送します)
アネトンせき止めZ液
  • アネトンせき止めZ液

アネトンせき止めZ液 100mL

  • ✕ 在庫なし
  • カートに入れる

こんなことで悩んでいませんか?

注意点

  • 濫用の恐れあり
  • ステロイド配合
  • ピリン系
  • 抗生物質配合
特徴

アネトンせき止めZ液は,いろいろな原因で起こる“せき””をしずめ“たん””の切れをよくします。
また,さわやかなレモンティー風味の液剤です。

効能・効果

せき,たん

用法・用量

年齢により次の量を服用してください。

年齢 1回量1日服用回数
成人(15歳以上)10mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
11歳以上15歳未満6.5mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
8歳以上11歳未満5mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
5歳以上8歳未満3.3mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
3歳以上5歳未満2.5mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
1歳以上3歳未満2mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
3ヵ月以上1歳未満1mL3回。症状により約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。
3ヵ月未満服用しないでください。

用法関連注意

(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)2歳未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
 (誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱及び容器に記載)をすぎた製品は服用しないでください。

成分・分量

60mL中

コデインリン酸塩水和物

50mg

dl-メチルエフェドリン塩酸塩

75mg

リゾチーム塩酸塩

60mg(力価)

クロルフェニラミンマレイン酸塩

12mg

無水カフェイン

60mg

セネガ流エキス

1500mg

添加物

クエン酸ナトリウム,クエン酸,安息香酸ナトリウム,メチルパラベン,プロピレングリコール,グリセリン,D-ソルビトール,カラメル,香料,エタノール,pH調節剤

注意事項

■してはいけないこと

【守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります】

1.次の人は服用しないでください

本剤又は本剤の成分,鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください

他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)

3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)

4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください

5.過量服用・長期連用しないでください(倦怠感や虚脱感等があらわれることがあります。)

■相談すること

1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

(1)医師の治療を受けている人。

(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。

(3)乳児(乳児において,本剤に含まれるリゾチーム塩酸塩を初めて服用した時に,ショック(アナフィラキシー)があらわれたとの報告があります。)。

(4)高齢者。

(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(6)次の症状のある人。

高熱,排尿困難

(7)次の診断を受けた人。

心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

関係部位症状
皮膚発疹・発赤,かゆみ
消化器吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系めまい
泌尿器排尿困難

まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称症状
ショック(アナフィラキシー)服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
再生不良性貧血青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。

3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

便秘,口のかわき,眠気

4.5〜6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

消費者相談窓口

会社名:武田薬品工業株式会社
住所:〒103-8668 東京都中央区日本橋二丁目12番10号
問い合わせ先:ヘルスケアカンパニー「お客様相談室」
電話:0120-567087
受付時間:9:00〜17:00(土,日,祝日を除く)

アネトンせき止めZ液のみんなの質問

効果について

Q.3日ほど前から風邪をひいて、高熱と咳でくるしみました。高熱は治ったものの咳がいつまでたっても治りません。なので風邪薬からアネトンせき止めZ液に切り替えて治せればと思っているのですが、このような咳にも効くものでしょうか?
(40歳男)
A.アネトンせき止めZ液はいろいろな原因で起こるせきをしずめたんの切れをよくします。

アネトンせき止めZ液には様々な有効成分が配合されています。
気管支に炎症を生じ気道が狭くなると、ゼーゼーしたり、咳がでやすくなります。有効成分dl-メチルエフェドリン塩酸塩はそのような咳に向いています。気管支にあるβ受容体を刺激して、気管を広げます。
また、コデインリン酸塩水和物は咳中枢の興奮をしずめて咳を止めます。咳中枢とは脳幹の延髄にある咳のコントロール部で、のどや気管支の刺激を受けて咳を起こさせます。このお薬は、その部分を抑えこむことで鎮咳作用を発揮します。どちらかというと、痰の少ない空咳向きです。

用法について

Q.風邪をひいて熱と鼻水とせきに悩まされています。特にせきが酷くて、今飲んでいる風邪薬では抑え込めないようです。そのため、アネトンせき止めZ液も飲みながら早く治したいと思っています。一緒に飲んでも平気ですか? (21歳男)
A.他のかぜ薬との併用は控えてください。また、他の鎮咳去痰薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)とアネトンせき止めZ液の併用も控えてください。

1つずつでは問題ない薬でも、薬と薬の飲み合わせ、または薬と食品の食べ合わせによっては、よくない影響が出る組み合わせがあります。この影響を相互作用といい、注意して防がなくてはなりません。相互作用を防ぐためには薬の添付文書やメーカーのホームページで確認する必要があります。

副作用について

Q.アネトンせき止めZ液には発疹の副作用はありますか?以前、他の薬で発疹が出たので、気になってお問い合わせさせていただきました。 (36歳男)
A.副作用として発疹・発赤の症状もメーカーから報告されています。他にもかゆみや吐き気・嘔吐、食欲不振、めまい、排尿困難などの症状があるようです。これらの症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ただし、用法用量を守って服用すれば比較的安全なお薬です。

必ずお読みください! 医薬品をご購入の方へ

商品名:アネトンせき止めZ液【指定第2類医薬品】

これは医薬品です。ご購入の前に、ご自身で必ず注意書き等をお読みになり、内容について了承したうえで、ご注文ください。 この商品は通販できるみんなのお薬が販売しています。 ご不明点、ご質問は、 通販できるみんなのお薬までご連絡ください。

■してはいけないこと

【守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります】

1.次の人は服用しないでください

本剤又は本剤の成分,鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください

他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)

3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)

4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください

5.過量服用・長期連用しないでください(倦怠感や虚脱感等があらわれることがあります。)

■相談すること

1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

(1)医師の治療を受けている人。

(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。

(3)乳児(乳児において,本剤に含まれるリゾチーム塩酸塩を初めて服用した時に,ショック(アナフィラキシー)があらわれたとの報告があります。)。

(4)高齢者。

(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(6)次の症状のある人。

高熱,排尿困難

(7)次の診断を受けた人。

心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

関係部位症状
皮膚発疹・発赤,かゆみ
消化器吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系めまい
泌尿器排尿困難

まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称症状
ショック(アナフィラキシー)服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
再生不良性貧血青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。

3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

便秘,口のかわき,眠気

4.5〜6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

◆当医薬品を購入する上で薬剤師、登録販売者に相談したいことがありましたらお問い合わせ内容を記載してください。

※相談内容がある場合は購入手続きまで出来ますが、相互に質問が無いことを確認後に販売、発送になります。ご了承ください。

特に無し ある

相談内容

このページの注意事項を読み、内容を理解したうえで購入します。
◆「してはいけないこと」に該当する項目はありません。
◆「相談すること」に該当する項目はありません。
◆ 用法・用量を守って使用します。
◆ 「使用者」が使用します。「使用者」以外の人に譲ったり、使わせたりしません。
◆ 購入した医薬品を販売いたしません。
注)上記に該当する場合には、相談内容を入力してください。

送料無料 一部地域は除きます。
選べるお支払い方法 クレジットカード 銀行振込 代金引換
医療費控除の特例:セルフメディケーション税制とは メールが届かない場合は 店舗管理及び 運営に関する事項等

営業中

現在担当しているのは・・・

  • 薬剤師

    山田 陽子

実店舗の営業時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~18:00

  • 日曜・祝日

    10:00~13:00

専門家による相談応需時間

  • 月~金

    9:45~15:30

  • 土曜日

    12:15~18:00

  • 日曜・祝日

    10:00~13:00

いらっしゃいませ
ゲスト様

科目で探す

左の科目を選んでください

送料無料
安全保障 新商品 使用期限
TOP