セデスファースト
指定第2類医薬品

錠剤

101220錠

10回分

メーカー価格:¥750
現在取扱なし

101140錠

20回分

メーカー価格:¥1,300
現在取扱なし
濫用のおそれあり
ステロイド配合
抗生物質配合
ピリン系
ご使用方法年齢性別を指定
  • 特徴・効能・効果
  • 用法・用量
  • 成分・分量・添加物
  • 保管および取扱上の注意
  • 消費者相談窓口・販売元
特徴

セデス・ファーストは,胃を守る成分を含んだ速く効く解熱鎮痛薬です。服用のしやすいフィルムコーティングされた錠剤で,痛みや発熱にすぐれた効果をあらわします。眠くなる成分を含んでいません。

効能・効果

頭痛・歯痛・月経痛(生理痛)・神経痛・腰痛・外傷痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・捻挫痛の鎮痛,悪寒・発熱時の解熱

次の量をなるべく空腹時をさけて,水またはぬるま湯でおのみください。また,おのみになる間隔は4時間以上おいてください。

  • 年齢
  • 1回量
  • 1日服用回数
  • 成人(15才以上)
  • 2錠
  • 3回を限度とする
  • 小児(7才以上15才未満)
  • 1錠
  • 3回を限度とする
  • 乳幼児(7才未満)
  • 服用させないこと
  • ●定められた用法・用量を厳守してください。
    ●小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
    ●錠剤の取り出し方
     錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出しておのみください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると,食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながることがあります)

(1)直射日光の当らない湿気の少ない,涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)PTPシートから出して他の容器に入れ替えないでください。
 (誤用の原因になったり,品質が変化します)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

1錠中

エテンザミド

200mg

アセトアミノフェン

80mg

無水カフェイン

40mg

酸化マグネシウム

50mg

添加物

乳糖水和物,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,酸化チタン,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),クエン酸トリエチル

会社名:塩野義製薬株式会社
問い合わせ先:医薬情報センター
電話:大阪06-6209-6948,東京03-3406-8450
受付時間:9時〜17時(土,日,祝日を除く)

販売元
シオノギ製薬 商品公式ページ
セデスファーストでよくある質問
効果について
Q.高熱が出てしまい、セデス・ファーストを飲みたいと思います。色々なお薬がありますが、このお薬の特徴は何でしょうか? (31歳女性)
A.セデス・ファーストの大きな特徴は胃を守る酸化マグネシウムという成分を含んでおり、速く効く解熱鎮痛薬です。また、眠くなる成分を含んでいない非ピリン系のお薬です。
熱を下げ、痛みをやわらげるエテンザミドやアセトアミノフェン、痛みをおさえるはたらきを助けるほか、頭痛をやわらげる無水カフェインも含まれています。

解熱鎮痛剤は、ピリン系、非ピリン系に分けられます。ピリン系は、かつてアレルギーによる発疹で騒がれたことがありますが、効き目は非常にシャープで、現在も使われています(過敏症やアレルギー体質の人には使えない)。非ピリン系は、比較的安全性が高いといわれ、かぜの症状の改善などに広く用いられています。
回答日:'16/1/16
用法について
Q.妊娠しているのですが、熱が出て困っています。早く治したいのですが、セデス・ファーストは飲んでも胎児に影響は無いでしょうか? (28歳女性)
A.妊娠している場合は服用前にかかりつけの医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。問題ないと判断されましたら、服用してください。
他にも事前に相談すべき条件があります。医師または歯科医師の治療を受けている人、水痘(水ぼうそう)もしくはインフルエンザにかかっている、またはその疑いのある小児(15才未満)、高齢者、薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人、心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍の診断を受けた人も服用前にかかりつけの医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。

使用上の注意をよく守って安全に服用しましょう。守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。
回答日:'16/1/16
Q.風邪をひいて熱が出たので、セデス・ファーストを飲んでいるのですが、鼻水も出るようになってしまいました。鼻水に効く薬も同時に飲んで良いでしょうか? (32歳男性)
A.セデス・ファーストを服用している間は、他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬のいずれの医薬品も服用しないで下さい。

薬と薬、薬と飲み物や食べ物との組み合わせによっては、効果が弱まったり、強まったり、副作用が強く出たりすることがあります。セデス・ファーストに限らず市販されているお薬に添付されている説明書には、一緒に飲んではいけない薬などについて記載されていますので、忘れずに確認しましょう。

また、本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人、本剤または他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人はセデス・ファーストの服用を控えてください。
回答日:'16/1/16
副作用について
Q.セデス・ファーストは飲むと眠くなりますか?これから昇進試験なので、眠くなるお薬は避けたいなと思っています。 (26歳男性)
A.セデス・ファーストには眠くなる成分が含まれていないので、安心して使用していただけます。
メーカーから公表されている副作用は発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、食欲不振、めまい、過度の体温低下などです。服用後、これらの症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、セデス・ファーストの文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。
回答日:'16/1/16
×

必ずお読みください! 医薬品をご購入の方へ

商品名:セデスファースト【指定第2類医薬品】

これは医薬品です。ご購入の前に、ご自身で必ず注意書き等をお読みになり、内容について了承したうえで、ご注文ください。 この商品は通販できるみんなのお薬が販売しています。 ご不明点、ご質問は、 通販できるみんなのお薬までご連絡ください。

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故がおこりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください

(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人
(2)本剤または他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人

2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください

他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬

3.服用前後は飲酒しないでください

4.長期連用しないでください

■相談すること

1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください

(1)医師または歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)水痘(水ぼうそう)もしくはインフルエンザにかかっている,またはその疑いのある小児(15才未満)
(4)高齢者
(5)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
(6)次の診断を受けた人

心臓病,腎臓病,肝臓病,胃・十二指腸潰瘍

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください

関係部位
症状
皮膚
発疹・発赤,かゆみ
消化器
吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系
めまい
その他
過度の体温低下

まれに次の重篤な症状がおこることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称
症状
ショック(アナフィラキシー)
服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁などがあらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症,急性汎発性発疹性膿疱症
高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がないなどが持続したり,急激に悪化する。
肝機能障害
発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振などがあらわれる。
腎障害
発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢などがあらわれる。
間質性肺炎
階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱などがみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
ぜんそく
息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しいなどがあらわれる。

3.5 〜 6 回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください

◆当医薬品を購入する上で薬剤師に相談したいことがありましたらお問い合わせ内容を記載してください。

※相談内容がある場合は購入手続きまで出来ますが、相互に質問が無いことを確認後に販売、発送になります。ご了承ください。

特に無し ある

相談内容

「してはいけないこと」 「相談すること」 に該当する項目はありません。注意事項を確認し理解したうえで購入します。

科目で探す

医薬品の分類